ピル服用中の下痢・嘔吐の原因とは?続いた場合の効果や対処法などを徹底解説!

ピル
更新日:2023.07.31

ピルを服用していたら下痢・嘔吐の症状が出て不安に思っている方もいますよね。今回は、ピル服用中に起きた下痢・嘔吐の原因や対処法についてご説明します。不安や心配がある方は、ぜひ参考にしてください。

ピルの服用が原因で下痢・嘔吐が起こる?

低用量ピルの服用を始めてから、下痢や嘔吐などの副作用に悩んでいませんか?ピルは生理痛緩和や生理前の精神的不調の改善など、服用によって様々なメリットを得ることができる一方で、飲み始めは副作用による不調が起こることもあります。ピルの副作用として、下痢や嘔吐が起こることがあります。下痢・嘔吐の症状が服用から3時間以内に発現した場合、十分に体内に成分が吸収されないまま排出されてしまうため、ピルの効果が薄くなる事が考えられます。しかし、下痢や嘔吐などの副作用は飲み始めに起こることが多く、通常は3ヶ月以内に収まる事が多いです。

一方で、下痢・嘔吐が副作用以外にも、胃腸炎などの別の原因で起こる可能性もあります。また、ピル服用中に飲酒した場合、後に嘔吐してしまったときは、ピルの効果が薄くなってしまうことがあるため注意してください。

下痢・嘔吐以外の起こりやすい副作用

下痢・嘔吐以外にピルの飲み始めに起こりやすい副作用として、吐き気、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、むくみ、食欲不振、眠気、不正出血などが挙げられます。

低用量ピルの服用によってホルモンバランスが変化し、このような副作用が起きるといわれています。特に飲み始めの1〜3ヶ月は副作用が出やすい時期です。低用量ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれていて、それらのホルモンの影響で吐き気が発生します。症状が軽い場合は1〜3ヶ月服用を続けていくと徐々に症状が治まることがほとんどです。その他の症状も、多くの場合は飲み始め2〜3ヶ月以降には落ち着くため、まずは体が慣れるまで約3ヶ月ほどを目安に服用を続けてみることが大切です。

ピルによって引き起こされる副作用についてより詳しく知りたいという方は、下記リンクの記事を参考にしてください。

合わせて読みたい!関連記事

ピル服用中の下痢・嘔吐の原因とは?続いた場合の効果や対処法などを徹底解説!

2023.07.31
合わせて読みたい!関連記事

低用量ピルの副作用とは?効用と対処

2023.08.17
合わせて読みたい!関連記事

ピルのむくみの原因とは?いつまで続く?解消方法について解説

2023.08.11

ピルの服用中に下痢・嘔吐をした場合の対処法

下痢や嘔吐をしたら、体内から大量の水分が排出されてしまっている状態になるので、まずはいつもよりしっかり水分をとるようにしましょう。また、ピル服用から何時間後に下痢や嘔吐の症状があったのかによって、必要な対処がありますので、下記で詳しく解説していきます。

ピル服用後3時間以内の下痢・嘔吐の場合

ピル服用後3時間以内に水っぽい下痢をした場合は、追加服用が必要です。下痢・嘔吐が起きた日の分に追加して、次の日の分の1錠を飲んでください。一方おなかが緩くなっていても、水っぽくはない軟便の場合は、追加での服用は必要ありません。

水っぽい下痢をしても追加服用しない場合は、ピルの効果が大きく下がります。避妊目的でピルを服用している場合は、しっかり避妊できていない可能性があります。避妊効果が下がったまま飲み続けると、予定外の妊娠に繋がるため、もし服用後3時間以内に水っぽい下痢をする場合は、追加服用とコンドームの併用を忘れないよう気をつけてくださいね。追加服用すれば良いのかわからず、自己判断が難しい場合は医師に相談するようにしましょう。

ピル服用後4時間経ってからの下痢・嘔吐の場合

ピルの服用後から4時間以上経っている場合は、下痢や嘔吐があっても問題ありません。ピルの成分が吸収されるまでの時間は約2時間のため、3時間より時間が経っていれば、ピルの成分は体内に吸収されています。服用から時間が経過していれば、深く心配しすぎる必要はありません。

ただし、3時間以上4時間未満に下痢や嘔吐が起こった場合はコンドームなどの別の避妊法も併用してください。ピルの成分は約2時間で吸収されますが、3時間以上経ってから重度の下痢や嘔吐が起こった場合は、効果が下がっていることがありますが、追加服用はしなくて大丈夫です。

不安な場合は連続服用7日目まで性交渉を避けましょう

ピルの服用後、下痢や嘔吐が起こってしまい避妊効果が不安な場合は、連続服用7日目まで性交渉を避けるか、コンドームなどの別の避妊法を併用しましょう。ピルの服用後、特に3時間以内に下痢や嘔吐があった場合は効果が下がってしまうため、十分な避妊効果が期待できません。症状が落ち着くまでは性交渉を控えるか、コンドームを使用して確実な避妊をおこなうようにしましょう。

ピル服用中の下痢・嘔吐が長期間続く場合はどうしたらいい?

ピル服用中の下痢・嘔吐が24時間以上続く場合は、ピルの服用を中止してください。下痢・嘔吐の症状を医師にしっかり相談して、今後の対応を考えましょう。副作用緩和薬(吐き気度目や整腸剤など)を処方してもらい、服用することも可能です。下痢・嘔吐以外の症状でも、ピルを飲み始めてから3ヶ月以上副作用が軽減されない場合は、そのピルが体に合っていない可能性が考えられますので産婦人科へご相談ください。

ピル服用中の下痢・嘔吐は我慢せずにご相談ください

低用量ピルの副作用で下痢・嘔吐の症状が現れお困りの方は少なくありません。しばらくピルの服用を継続しても下痢・嘔吐などの副作用が軽減されない場合は、ピルが身体に合っていない可能性があるため、低用量ピルの種類を変更することも検討してみてください。メデリピルでは、副作用緩和薬の処方も可能です。

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

今回は、ピル服用中の下痢・嘔吐の原因や対処法について詳しくお話しました。副作用や胃腸炎などの病気によって下痢や嘔吐が続くと、ピルの成分が吸収されずに効果が発揮されないことがあります。副作用が長く続く時や、ピルの服用中に体調について不安がある時は、無理に我慢せず医師に相談するようにしてください。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ピル服用中の下痢・嘔吐の原因とは?続いた場合の効果や対処法などを徹底解説!