ピルの個人輸入は危険?おすすめの入手方法は?

ピル
更新日:2024.07.11

避妊や生理痛軽減など女性にとって嬉しい効果があるピルですが、毎日飲むことを考えると少しでも出費を抑えたいですよね。そのような時、個人輸入という購入方法を考えたことがある方もいるかもしれません。しかし、個人輸入したピルはリスクが多いため購入は控えるようにしましょう。この記事では、ピルの個人輸入が危険な理由について、詳しく解説していきます。

ピルの個人輸入は危険

日本では、ピルを購入する場合医師からの処方が必要になります。一方で海外の通販サイトなどを見てみると、医師の処方を受けることなくピルの購入が可能なサイトも存在しています。それらの海外のホームページなどで購入した場合、それは「個人輸入」になります。個人輸入したピルは日本で処方されているものと同様の成分とは言い切れないため、購入は控えるようにしましょう。その理由について以下で解説していきます。

避妊できない可能性がある

個人輸入したピルは、その有効性が確認されていません。薬の有効成分が入っていない可能性があったり、期待した効果が得られない可能性があります。
また、アフターピルの場合には正しい避妊効果を得られない可能性もあります。避妊できると思って飲んでいても実は避妊効果がなかった場合、望まない妊娠にもつながってしまいます。

偽物や偽造品の可能性がある

個人輸入したピルは、通常のピルの成分が配合されていない可能性があります。特に、パッケージに外国語が書かれた海外製品のような場合や、価格が安価である場合、どこから仕入れをしているかが不明であったり偽物かどうかも見分けがつかないこともあります。偽造品の場合、成分が不透明なことから、本来の避妊効果も得られないため非常に危険です。

副作用が起きた場合、自己責任になる

医薬品には、効果だけでなく副作用があります。国内で承認された医薬品を正規の方法で購入し、それを使ったことで重大な副作用が起きた場合は、「医薬品副作用被害救済制度」によって医療費の補助(救済)を受けることができます。しかし、個人輸入したピルは制度対象外です。個人輸入のピルを飲んで重大な健康被害が生じても、救済を受けられないのです。

参考〉医薬品副作用被害救済制度とは

健康被害の可能性

個人輸入のピルは、安全性に不安が残るという大きな問題点があります。先ほど説明した、避妊に有効な成分が含まれているかわからないという問題点はもちろんですが、ほかに余分な有害物質が含まれている可能性も考えられます。もし有害物質が含まれるピルを飲んだ場合、思わぬ副作用や健康被害が生じてしまうかもしれません。
危険性についてはこちらでも紹介しているので、詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

合わせて読みたい!関連記事

ピルは通販で購入できる?通販可能なピルと注意点について解説

2024.06.27

なぜ個人輸入だと安い?

個人輸入したピルが安い場合、製造環境が日本よりも悪く、有効性や安全性に関してテストが行われていない可能性があります。安さに目が行きがちですが、その分品質が保証されておらず危険なことがあるため、購入は控えるようにしましょう。

ピルを購入するには医師の処方が必要

日本においてピルを購入するには医師の処方が必要になります。
まず、医薬品には薬局で売っている一般医薬品・要指導医薬品と、病院で処方される医療用医薬品があり、ピルは医療用医薬品にあたります。そのためピルの服用を希望する場合は医師の診療を受け、健康状態を確認してもらうようにしてください。また、副作用リスクについては自身できちんと確認した上で、処方をしてもらう必要があります。

低用量ピルによる血栓症のリスクも

ピルに含まれるエストロゲンという卵胞ホルモンには血液凝固作用があるため、ピルを飲んでいる人はそうでない人に比べて、血栓症の発症リスクがわずかに上がるとされています。既往症や体の状態によっては、低用量ピルは飲まない方がよい場合もあります。そのため、個人輸入したピルを自己判断で服用開始してしまうのは、副作用が起こる可能性があり非常に危険です。

低用量ピルの正規品の入手方法は?市販でも購入できる?

ピルを服用する場合は、必ず正規品を購入するようにしましょう。入手方法は、病院での処方、もしくはオンライン診療で処方してもらう2種類があります。以下でそれぞれ説明していきます。

病院

産婦人科に行き、ピルがほしいという旨を伝えましょう。初めて受診した場合には、健康状態や血栓症リスクについて確認し、ピルを服用しても問題ないかを判断するために、問診・血圧測定・体重測定などを行うことが一般的です。2回目以降の処方時に検査をするかどうかは病院により異なります。

オンライン診療

オンライン診療の場合、自宅などから医師の診療と処方を受け、その後ピルを郵送してもらえます。病院での処方に比べると実際に手元に届くまでに時間がかかることがありますが、忙しくて病院に行く時間が取れない時などには便利です。

市販での購入は不可能

低用量ピルは医療用医薬品のため、日本では薬局で市販薬としては販売されていません。もしネット通販などで売られていたとしても、それは偽造品や有効性が確認されていない危険な薬である可能性があります。必ず医師の処方を受けて入手するようにしましょう。

合わせて読みたい!関連記事

ピルはどこで買えるの?市販の有無や購入方法、注意点、選び方などを徹底解説!

2024.06.27

オンライン診療を利用してみる

もし現在ピルの服用を検討しているのであれば、オンライン診療を利用するのも選択肢のひとつとして検討するのもよいでしょう。以下で、オンライン診療のメリットを3つ紹介します。

他人の目を気にしなくて良い

普段あまり病院に行く機会がないと、産婦人科に行くことに対して少し抵抗を感じる場合があるかもしれません。オンライン診療であれば、他人の目を気にせずリラックスして診療を受けることができます。

自宅で診療を受けられる

オンライン診療の場合、自宅から医師の診療を受けることができます。そのため、様々な事情で病院が開いている時間に行けない方や、自宅での用事があり外出が難しい方などにもおすすめです。

郵送なので薬局に行く必要がない

オンライン診療を利用した場合、ピルを自宅まで郵送してもらうことができます。毎月ピルを処方してもらいに病院や薬局まで行く必要がなくなるため、移動の負担を減らすことができます。

※病院診療・オンライン診療に関わらず、ピル服用中は定期的に病院で子宮がん検診や血液検査などを受けることが勧められています。オンライン診療であれば一度も病院に行かなくて良いということではないためご注意ください。

ピルをはじめるならメデリピル

ピルの服用経験がなく、ピルを飲んでみたいけど、安心して信頼できる方法で始めたいという方に、オンラインピル診療・処方サービスのメデリピルがおすすめです。
メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3シート目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3シート目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3シート目受け取りまでは解約は不可となります

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

今回の記事では、ピルを個人輸入することの危険性について紹介しました。個人輸入したピルは本物か分からず健康上のリスクも大きいため、ピルを服用する際は必ず病院やオンライン診療サービスにて医師から処方を受けた上ではじめましょう。低用量ピルを服用したいけど、薬を貰うために定期的に通院することが難しい方は、オンライン診療サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

監修者

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医
柴田 綾子
世界遺産15カ国ほど旅行した経験から母子保健に関心を持ち産婦人科医となる。 2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修し2013年より現職。著書:患者さんの悩みにズバリ回答!女性診療エッセンス100(日本医事新報社)、明日からできる! ウィメンズヘルスケア マスト&ミニマム(診断と治療社)など。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ピルの個人輸入は危険?おすすめの入手方法は?