ピルを飲むとホルモンバランスが変わるって本当?ピルとホルモンの関係性について解説

ピル
更新日:2024.04.23

ピルを飲むとホルモンバランスが変わるって本当?ピルとホルモンの関係性について解説

今回の記事では、ピルとホルモンの関係性について解説します。ピルを飲むとホルモンバランスが整うことで、具体的にどのようなメリットがあるのかも合わせてご紹介していきます。

ピルとは?

ピルとは、黄体ホルモンの「プロゲステロン」と卵胞ホルモンの「エストロゲン」という2種類の女性ホルモンが含まれた錠剤のことです。エストロゲンの配合量によって「低用量ピル」「中用量ピル」など呼び名が分かれ、生理痛軽減・生理日移動・緊急避妊などの使用目的によって、服用するピルが変わってきます。

女性ホルモンとは?

ではまず、女性ホルモンとは一体何のことで、どのような役割を持っているのでしょうか?
女性ホルモンは、生理・妊娠・出産など女性特有のライフイベントに深く関わっている体内物質です。女性らしい体を作ったり心身の健康を保ったりする上で、とても重要な役割を果たしています。女性ホルモンの分泌量は思春期から増え始め、更年期になると減少します。
また女性ホルモンは、プロゲステロンとエストロゲンの2つに分かれます。
プロゲステロンは生理前に分泌量が増え、基礎体温の上昇や乳腺発達などの作用があります。一方でエストロゲンは生理後に分泌量が増え、代謝向上や精神安定、肌のツヤ維持などの作用があります。

ピルを飲むとホルモンバランスが整う!

次に、ピルがホルモンバランスを整える仕組みについて解説します。
女性の子宮の内側である子宮内膜は、生理が近づくと、プロゲステロンの影響で妊娠に備えて分厚くなります。しかしピルを飲むと、ピルに含まれている2種類の女性ホルモンが一定量体内にとどまるため、脳は体内のホルモン量が十分だと判断し、さらなる女性ホルモンの分泌が必要なくなります。そうすると結果的に、卵巣が一時的にお休みしホルモンの大きな変化が無い状態を保つことができるのです。
また、プロゲステロンの分泌量が抑えられることで子宮内膜が薄い状態のままで保たれるため、生理痛が軽減するほか、副効用として月経前症候群の改善や肌荒れの改善なども報告されています。
主に以下のようなメリットが見込めます。

・生理周期の安定
・生理前の肌荒れの改善
・生理痛の緩和
・生理の出血量の減少
・生理前のイライラや気分の落ち込みの緩和

ピルを飲む上で注意すべきこと

ピルを飲むにあたってまず注意すべきなのは、血栓症のリスクがわずかに上がるということです。これは、エストロゲンに血液凝固作用があるためです。とはいえ、ピルを飲んで血栓症を発症する人は1万人あたり3〜9人/年ほどであるため、過度に心配する必要はありません。

また、ピルを飲むには一定の条件をクリアする必要があるということも知っておきましょう。具体的には、年齢が50歳以上であったり過度な肥満であったりする場合は、血栓症のリスクが上がるため医師から処方を断られる可能性があります。
詳しくは下記の記事でチェックしてみてください。

合わせて読みたい!関連記事

【ピルとは?種類の違いとは?】正しいピルの知識を知ろう!初心者のためのピルガイド

2023.12.28

そしてピルは、オンライン診療の場合は保険適用にならないという点にも注意が必要です。医療機関を受診して子宮内膜症や月経困難症の治療薬としてピルを処方してもらう場合には保険適用になりますが、避妊を目的として処方を受けた場合、病気の扱いにならないため自費負担となります。

ピルの種類

一番はじめにご紹介した通り、ピルはエストロゲンの配合量によって呼び名と服用目的が変わります。服用することでホルモンバランスに影響を与えるピルですが、種類によって違いがあります。

低用量ピル

継続的な避妊や生理痛軽減、生理周期の安定などを目的として服用されるピルです。

超低用量ピル

子宮内膜症や月経困難症の治療薬として使用されることが多いピルです。

中用量ピル

生理日移動を目的として服用されるピルです。

アフターピル

緊急避妊を目的として使用されるピルです。日本において唯一認可が下りている「ノルレボ錠(レボノルゲストレル)」の場合、避妊に失敗した可能性のある性交渉後72時間以内に服用すれば、高確率で緊急避妊ができるとされています。

まとめ

今回の記事では、ピルとホルモンの関係性について解説しました。ピルを飲むとホルモンバランスが一定になり、生理痛の緩和や生理前の肌荒れの緩和が期待できたり、月経前症候群の症状が改善する可能性などさまざまなメリットがあります。女性の体はストレスや体調などの些細なことによってホルモンバランスが乱れてしまうため、ご自身を労わる習慣をつけることが大切です。

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

↑詳しくはLINEでチェック

監修者

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医
柴田 綾子
世界遺産15カ国ほど旅行した経験から母子保健に関心を持ち産婦人科医となる。 2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修し2013年より現職。著書:患者さんの悩みにズバリ回答!女性診療エッセンス100(日本医事新報社)、明日からできる! ウィメンズヘルスケア マスト&ミニマム(診断と治療社)など。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ピルを飲むとホルモンバランスが変わるって本当?ピルとホルモンの関係性について解説