アフターピルの飲み方とは?飲むタイミングは72時間以内?種類や注意点を解説

ピル
更新日:2024.06.11

緊急避妊薬として知られるアフターピルは、避妊に失敗したときなどに服用して妊娠率を下げる薬です。そんなアフターピルは、何時間以内に飲めばいいのでしょうか?アフターピルで避妊できる仕組みや種類から、アフターピルの飲み方、気になる副作用などについてご紹介します。

アフターピルとは

アフターピルとは、緊急避妊薬のことです。妊娠を希望していないのに避妊に失敗したときなど、緊急時に使用します。アフターピルには黄体ホルモンという女性ホルモンの一種が主な成分として含まれ、性交渉の後に服用すると妊娠する可能性を大幅に減らすことができるのです。避妊に気を付けていても、低用量ピルを飲み忘れたり、コンドームが破けてしまったりして、失敗する可能性は誰にでもあります。そんなときに利用できるのがアフターピルです。

アフターピルを処方するのはこんなとき

アフターピルを飲むのが望ましいのは、以下のようなケースです。
・低用量ピルを3日以上飲み忘れてしまったとき
・コンドームを使っていたけれど破れた、外れたとき
・正しく避妊しなかったとき(腟外射精など)
・避妊を何も行わずに性交渉したとき
・排卵日の前後に性交渉して妊娠の不安を感じているとき
・性被害にあったとき

女性はこのような場面で「妊娠したらどうしよう」と大きな不安を抱えてしまいます。こんなときには、アフターピルを飲むという選択肢があることを覚えておきましょう。

アフターピルで避妊ができる仕組み

女性の体で妊娠が成立するためには、次のようなプロセスを踏みます。
(1)卵巣から卵子が飛び出し卵管に取り込まれる(排卵)
(2)卵管で卵子と精子が出会う(受精)
(3)受精した卵(受精胚)が卵管から子宮に進んでいく
(4)子宮内膜に受精卵が根をおろす(着床)

アフターピルには黄体ホルモンという女性ホルモンが大量に含まれていて、上記のプロセスのうち、(1)の排卵の抑制や排卵を遅らせる作用があります。そのため、排卵前に服用すれば卵子と精子が出会うことがなくなり、妊娠を避けられる可能性が高くなります。排卵した後の服用でも、(2)の受精や(4)の着床を阻害する働きがあります。

合わせて読みたい!関連記事

アフターピル(緊急避妊薬)の効果や、副作用について解説

2024.06.11

アフターピルは何時間以内に飲むべき?

アフターピルは、服用するタイミングが重要です。アフターピルの避妊効果は、性行為から時間が経つほど低くなるからです。そのため、できるだけ早く服用するようにしてください。72時間以内の服用が推奨されていますが、早ければ早いほど、避妊効果が上がると知っておきましょう。

「ノルレボ錠」や「レボノルゲストレル錠」というアフターピルなら、性行為後72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%とされており、かなり高い確率で避妊できることがわかるでしょう。
アフターピルを飲むならできるだけ早く処方してもらい、すぐ服用することを覚えておきましょう。現在はオンラインで24時間診療を受けられて、すぐにアフターピルを発送してもらえるところもありますので、そのようなサービスを利用するといいでしょう。

アフターピルの種類

アフターピルにはいくつかの種類があります。主に利用されているのは「ノルレボ」と、そのジェネリックである「レボノルゲストレル」の2つです。ジェネリックとは新薬の特許が切れた後に、その新薬を開発した製薬会社とは別の製薬会社が、同じ有効成分を使って作る薬のことです。同じ成分が使われているため、品質や効き目、安全性などに違いはほとんどありません。

・ノルレボ(服用方法:72時間以内に1錠を服用する)
・レボノルゲストレル(服用方法:72時間以内に1錠を服用する)

また、それ以外にヤッペ法というものもあります。「ノルレボ」と「レボノルゲストレル」は72時間以内に1錠を服用すればいいのですが、ヤッペ法では72時間以内に中用量ピルを2回服用します。ヤッペ法の方が吐き気などの副作用が強いため、基本的に「ノルレボ」または「レボノルゲストレル」を処方されることが多いです。ヤッぺ法は避妊率も低いので、緊急避妊法として推奨はされていません。

・ヤッペ法(服用方法:72時間以内に中用量ピルを2回服用する)

アフターピルの効果がわかるのはいつ?

アフターピルを飲んで避妊がうまくいったかどうかは、生理がきたかどうかでわかります。アフターピルを服用すると、3日目から2週間以内に生理がきます。このときの生理は「消退出血」といい、アフターピルの作用によって子宮内膜がはがれ落ち、血液と一緒に排出されます。この消退出血が起きれば、避妊に成功して妊娠していない可能性が高いといえます。排卵前や排卵期にアフターピルを飲んだ場合は、服用後に消退出血が起きて、その後にふだん通りの生理がきます。つまりアフターピルを飲んだ後に消退出血か、翌月の生理がきたら、避妊が成功したサインと判断できるのです。

しかしアフターピルを飲むと生理周期が乱れることがあり、稀に消退出血ではなく不正出血が起きることもあります。消退出血は3~5日間程度で終了し、比較的短期間で終わる特徴があります。アフターピルを飲んでから3週間以上しても生理が来ない場合や、生理予定日から10日以上たっても生理が来ていない場合は、妊娠している可能性があります。市販の妊娠検査薬を使用するか、産婦人科を受診して、子宮の状態を検査してもらいましょう。

アフターピルの飲み方

アフターピルを飲む場合、飲むときや飲んだあとの過ごし方に注意点はあるのでしょうか?

飲むときの注意点

アフターピルは、水と一緒に飲みましょう。カフェイン入りの飲み物やアルコール・炭酸水などは、アフターピルの吸収に影響をおよぼしかねません。避妊効果を下げないために、水で飲みましょう。また決められた用量を守るのも大切です。いくら不安でも、決められた用量以上を服用するのは危険です。

服用してから3時間以内に吐いてしまった場合は、アフターピルの成分も外に出る可能性があります。その場合は、処方してもらった医師に相談しましょう。

飲んだあとの過ごし方

アフターピルを飲んだ後は、2~3週間以内に消退出血が起こります。この出血があれば避妊が成功したことがわかるため、それまでの間は性交渉を避けましょう。次の生理がくるまでは妊娠の可能性がありますから、「アフターピルを飲んだから大丈夫」と頼り切るのではなく、性交渉を避けることが大切です。

また、アフターピルは1錠の服用で充分な効果を発揮する薬です。そのため、不安だからといって追加でもう1錠服用することはやめましょう。アフターピルは配合されているホルモン量が多いため、正しく服用しても副作用が出やすいため追加で服用すると作用が増強して更に強い副作用が出てしまう可能性があります。
一方で、副作用によって3時間以内に吐いてしまった場合はアフターピルの成分が充分に吸収されていない可能性があるため、追加の服用が必要かどうか医師に相談しましょう。

参照:緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成28年度改訂版)

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用には、吐き気、不正出血、めまい、下腹部痛、乳房痛、だるさ、眠気などがあります。これらの副作用は、服用してから24時間以内におさまることが多いですから、アフターピルを飲んだ後は安静に過ごし、症状が落ち着くのを待ちましょう。

避妊で不安になったらオンライン処方を

「妊娠していたらどうしよう」と不安を抱えながら、次の生理まで待つのはとてもつらいものです。望まない妊娠を避けるためにも、緊急時に服用できるアフターピルの存在を知っておくことはとても大切です。アフターピルは72時間以内に飲むことが必要で、早ければ早いほど避妊の効果が高まります。

また、妊娠を希望していない期間は日常的に低用量ピルを飲んでおくことも選択肢の一つとなるでしょう。メデリピルでは、オンライン診療で各種ピルの処方を行っています。近くに病院がない場合や、日中に病院に行く時間がない方にとってはオンライン診療がライフスタイルに合うのではないでしょうか。

アフターピルはどこで買える?

病院

アフターピルは一般的に産婦人科を受診して処方してもらいます。
市販薬ではないため薬局には並んでいませんが、2023年10月からはスイッチOTC化の一環で一部の指定薬局ではアフターピルの試験販売が開始しています。販売されている薬局は限られており、事前に電話で販売可能か確認する必要があるため、まだまだ現実的とはいえないでしょう。
しかし、アフターピルは服用できる時間が限られているており、さらに性交渉からなるべく早く内服することで高い避妊効果が得られるため急がなくてはなりません。厚生労働省が緊急避妊を要する場合に対面診療ができる病院を公開しているため事前にチェックしておくとよいでしょう。また、行きたい時間に病院が開いていない場合はオンライン診療サービスを活用するのがおすすめです。

オンライン診療サービス

近年では自宅にいながらスマホやPCで医師の処方を受けることのできるオンライン診療サービスが普及してきています。
画面越しに医師の診療を受け、アフターピルの処方をしてもらい、その後自宅にアフターピルが届くというサービスです。
サービスにもよりますが、オンライン診療・処方サービスのメデリピルでは東京23区内であれば診療当日中に自宅に届く「当日お届けサービス」※もあるため、近くに産婦人科がなかったり、時間のない方にもおすすめです。

※別途送料3,850円(税込)がかかります。ご希望の方は診療時に医師にお申し付けください。受付時間の制限があるため、あらかじめご了承ください。

アフターピルの処方ならメデリピル

オンラインピル診療・処方サービスの「メデリピル」ではアフターピルの取り扱いもあります。
メデリピルは、ピルが初めての方にも安心して利用していただける体制が整っています。

診療と処方を担当するのは、現役の産婦人科医のみで、診療時間も夜23時まで対応しているので、病院が開いていない時間にもアフターピルを処方してもらえます。
診療は音声通話かビデオ通話を選べるので、カメラオフでも診療を受けることができます。
アフターピルは、送料無料・最短当日発送でお届けします。東京23区内にお住まいであれば、別途送料3,850円(税込)で、処方されたその日にお届けする「当日お届けプラン」を利用することが可能です。(受付時間に限りがあります)
また、副作用が不安な方には吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方してもらえます。
今後も継続的に避妊していきたいという方には、低用量ピルも一緒に処方してもらうことができます。また、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が無料となります。
病院に行けなくとも、メデリピルのようなオンラインでのピル診療・処方サービスを利用するのもひとつの手段です。
こういった選択肢があることも知っておくと、いざという時に安心ですね。

LINEから診療予約ができる

メデリピルでは、LINEを使って診療予約や医師への相談、服薬管理などが完結します。
診療予約は24時間いつでも自分のタイミングで予約することができます。
まずはメデリピル公式LINEのお友達登録からはじめましょう♡

最短当日発送・送料無料

メデリピルでは、診療・処方が完了した時間にもよりますが、最短で当日発送されます。
届く日数はお住まいの地域によって変わるためご了承ください。
また、アフターピルの場合は送料無料になります。※1

※1 当日お届けプランは対象外です

東京23区内限定の当日お届けプラン

メデリピルでアフターピルを処方された場合、東京23区内にお住まいの方であれば、処方当日中に自宅に届く「当日お届けプラン」もお選びいただけます。
また、別途送料3,850円(税込)がかかります。ご希望の方は診療時に医師にお申し付けください。(診療時間によって、当日中にお届けが出来ない場合もあります)

低用量ピルと同時処方で診療代0円

メデリピルでは、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が0円になります。
今後も継続的に避妊をしていきたいという方は、これを機に低用量ピルの服用をはじめることをおすすめします。

副作用緩和薬も処方可能

メデリピルでは、アフターピルの副作用が心配…。3時間以内に吐いてしまったらどうしよう…。という方には、処方時に吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方しています。
ご希望の方は、処方時に医師にお申し付けください。

メデリピルでは、アフターピルだけでなくピルが初めての方にも安心していただけるサポート体制が整っています。
安心してピルをはじめるならメデリピルがおすすめです。

まとめ

本記事ではアフターピルの基本的な飲み方から副作用、購入方法まで幅広く解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
緊急避妊時は焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて対処することが大切になります。
今はまだ服用予定がない方も、正しい方法で購入し服用することを理解しておくと安心です。


↑詳しくはLINEでチェック

監修者

産婦人科専門医、がん治療認定医、mederiドクター
mederiドクター
産婦人科専門医、がん治療認定医 女性のヘルスケアアドバイザー(女性医学会認定)、F U S E certificated personnel(米国内視鏡外科学会認定)、JOHBOC研修終了(日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構) 大学病院に入局し高度周産期センター、婦人科腫瘍専門施設で研修・修練後、総合病院で良性疾患の腹腔鏡手術や、不妊治療、女性内分泌・更年期障害など幅広く女性診療を行う。米国への留学を経て、現在はmederiドクターとして、メデリピルのオンライン診療や体調相談を担当している現役産婦人科医。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. アフターピルの飲み方とは?飲むタイミングは72時間以内?種類や注意点を解説