アフターピル(緊急避妊薬)の効果や、副作用について解説

ピル
2023.08.11

アフターピル(緊急避妊薬)とは避妊に失敗してしまった性交渉の後に飲む「緊急避妊薬」として、望まない妊娠を防ぐために使用されます。多量の女性ホルモン剤を服用することによって、妊娠を回避することができるお薬です。

アフターピル(緊急避妊薬)とは?

避妊に失敗してしまった性交渉の後に飲む「緊急避妊薬」として、望まない妊娠を防ぐために使用されます。多量の女性ホルモン剤を服用することによって、受精卵の子宮内膜への着床を防いだり、排卵を遅らせるなどして、妊娠を回避することができるお薬です。

性交渉後、72時間以内の服用を推奨しております。 早く服用すればするほど、避妊効果は高くなります。

取扱のアフターピル:ノルレボ、レボノルゲストレル

※レボノルゲストレルは後発品(ジェネリック)となります
※処方希望の方は問診回答時に選択ください

アフターピルの効果

レボノルゲストレル法では避妊失敗後、72時間以内に服用すれば、高い避妊効果を得ることができます。成功率や副作用の少なさから最も使われている方法で、メデリピルもこの方法を推奨しています。

ヤッぺ法では避妊失敗後、72時間以内に服用すれば妊娠阻止率は57%です。副作用が発生しやすいといわれています。

ヤッぺ法は、副作用が発生しやすいことや国内未承認薬であることからメデリピルでは推奨しておりません。

緊急避妊法の適正使用に関する指針

飲み方について

性交渉後、72時間以内に1錠服用します。
早く服用すればするほど、避妊効果は高くなりますので、できるだけ早く診療をお受けください。

72時間を過ぎた場合でも、120時間以内の服用であれば、一定の妊娠阻止率がありますので、診療をお受けください。

副作用はある?

主な副作用に、吐き気・不正出血・生理周期の乱れ・めまい・乳房痛・下腹部痛・頭痛・だるさ・眠気・などがあげられます。このような副作用は、24時間程度でおさまる場合が多いですので、服用後はなるべく安静に過ごしましょう。

低用量ピルなら継続的な避妊効果が得られます!

低用量ピルでは服用期間中は継続的な避妊効果を得ることができます。
その他にもこんな嬉しい効果が!

アフターピルを服用後、次に来た出血が普段の生理とほぼ同様の出血量であれば、出血開始3日目から、低用量ピルを服用開始できます!

※できるだけ早く避妊効果を得たい場合は、診療にて医師に相談することを推奨します。出血の量が少ない場合や、アフターピル服用後3週間経っても出血が起こらない場合は、妊娠している可能性があるので妊娠検査をおすすめします。

緊急避妊薬(アフターピル)でよくあるQ&A

緊急避妊薬(アフターピル)について、よくある疑問について回答していきます。周りの人に聞きづらいことも、この記事をぜひ参考にしてみてください。

中用量のピルで具合が悪くなったことがあるがアフターピルを服用しても大丈夫?

アフターピルは、中用量ピルに比べて副作用が起こる確率は低いものの、服用から24時間程度は副作用が出やすい状態となります。吐き気や頭痛が心配な場合は、あらかじめピルの服用時に吐き気止めや痛み止めを飲んでおくと良いでしょう。メデリピルではピルと一緒に副作用緩和薬の処方も可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

お酒を飲んでいても大丈夫?

基本的に問題ありません。しかし、酔いによってピルを飲み忘れてしまったり、飲み過ぎによって嘔吐したりすると、ピルの成分が完全に吸収されないこともあるので注意しましょう。

喫煙していても問題ない?

禁煙することを推奨します。喫煙は血栓症の発症リスクを高めるだけではなく、がんや心筋梗塞などの病気のリスクも高めます。また35歳以上で1日の喫煙本数が多い場合、低用量ピルを処方することも不可となります。

アフターピルとの組み合わせが悪い薬はある?

以下の薬は飲み合わせに注意が必要とされています。

《アフターピルの効果に影響する薬・サプリメント一覧》

・抗けいれん剤 フェノバルビタール・フェニトイン・プリミドン・カルバマゼピン
・HIV プロテアーゼ阻害剤 リトナビル
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 エファビレンツ
・リファブチン
・リファンピシン
・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)

このほか血液をサラサラにする薬(抗凝固剤)は、アフターピルの服用によって効果が変わることが認められています。上記の他にも、処方時に服用している薬がある場合は必ず医師に確認してからピルを服用するようにしてください。

吐き気止めと一緒に服用しても問題ない?

問題ありません。ピル服用後の吐き気が心配な場合は事前に吐き気止めを処方してもらうと良いでしょう。

服用後嘔吐をしたが大丈夫?

服用してから3時間以内の嘔吐の場合、薬の成分が体内に吸収される前に吐き出してしまっている可能性があります。追加でもう1錠服用するなどの対策が必要なため、できるだけ早く処方してもらった医療機関を受診しましょう。

服用後、車の運転をしても大丈夫?

運転に関する制限はないので、問題ありません。しかし、副作用でめまいや頭痛が起こることもあるので、服用から24時間は安静にするよう意識してください。また少しでも体調に異変を感じたら運転は控えてください。

服用後、出血が止まらないが大丈夫?

アフターピル服用後、10日以上出血が続く場合は婦人科を受診しましょう。出血量や色は人それぞれのため「消退出血」か「不正出血」なのか判別することは非常に難しいため、自己判断せず診療を受けましょう。

アフターピル服用後に低用量ピルを服用するタイミングはいつ?

アフターピルを服用した翌日から、もしくは出血が起こるのを待ってから低用量ピルの服用が可能です。出血を待ってから飲み始める場合、出血開始1日目から、服用を開始してください。

避妊成功したか判断する方法は?

アフターピルを服用すると3日~3週間後に出血が起こります。消退出血であれば成功のサインといえるでしょう。性行為3週間後に妊娠検査薬を使用し、陰性が確認出来れば高い確率で避妊に成功していると考えられます。心配な場合は病院に相談しましょう。

服用後の次の生理はいつ?

アフターピルを服用すると3日~3週間後に出血が起こります。生理予定日から10日以上経っても生理が来ない場合は妊娠検査薬を使用しましょう。

アフターピルの処方ならメデリピル

オンラインピル診療・処方サービスの「メデリピル」ではアフターピルの取り扱いもあります。
メデリピルは、ピルが初めての方にも安心して利用していただける体制が整っています。

診療と処方を担当するのは、現役の産婦人科医のみで、診療時間も夜23時まで対応しているので、病院が開いていない時間にもアフターピルを処方してもらえます。
診療は音声通話かビデオ通話を選べるので、カメラオフでも診療を受けることができます。
アフターピルは、送料無料・最短当日発送でお届けします。東京23区内にお住まいであれば、別途送料3,850円(税込)で、処方されたその日にお届けする「当日お届けプラン」を利用することが可能です。(受付時間に限りがあります)
また、副作用が不安な方には吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方してもらえます。
今後も継続的に避妊していきたいという方には、低用量ピルも一緒に処方してもらうことができます。また、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が無料となります。
病院に行けなくとも、メデリピルのようなオンラインでのピル診療・処方サービスを利用するのもひとつの手段です。
こういった選択肢があることも知っておくと、いざという時に安心ですね。

LINEから診療予約ができる

メデリピルでは、LINEを使って診療予約や医師への相談、服薬管理などが完結します。
診療予約は24時間いつでも自分のタイミングで予約することができます。
まずはメデリピル公式LINEのお友達登録からはじめましょう♡

最短当日発送・送料無料

メデリピルでは、診療・処方が完了した時間にもよりますが、最短で当日発送されます。
届く日数はお住まいの地域によって変わるためご了承ください。
また、アフターピルの場合は送料無料になります。※1

※1 当日お届けプランは対象外です

東京23区内限定の当日お届けプラン

メデリピルでアフターピルを処方された場合、東京23区内にお住まいの方であれば、処方当日中に自宅に届く「当日お届けプラン」もお選びいただけます。
また、別途送料3,850円(税込)がかかります。ご希望の方は診療時に医師にお申し付けください。(診療時間によって、当日中にお届けが出来ない場合もあります)

低用量ピルと同時処方で診療代0円

メデリピルでは、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が0円になります。
今後も継続的に避妊をしていきたいという方は、これを機に低用量ピルの服用をはじめることをおすすめします。

副作用緩和薬も処方可能

メデリピルでは、アフターピルの副作用が心配…。3時間以内に吐いてしまったらどうしよう…。という方には、処方時に吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方しています。
ご希望の方は、処方時に医師にお申し付けください。

メデリピルでは、アフターピルだけでなくピルが初めての方にも安心していただけるサポート体制が整っています。
安心してピルをはじめるならメデリピルがおすすめです。

監修者

成城松村クリニック院長
松村 圭子
1995年広島大学医学部卒。広島大学医学部産科婦人科学教室へ入局し、2010年に成城松村クリニックを開院。 『10年後もきれいでいるための美人ホルモン講座』(永岡書店)、『女性ホルモン 美バランスの秘訣』(大泉書店)をはじめとする多くの著書を執筆。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. アフターピル(緊急避妊薬)の効果や、副作用について解説