フリウェルLDとは?ULDとは違うの?避妊効果などの効果や副作用を解説

ピル
更新日:2024.04.24

ピルにはさまざま種類があり、それぞれ処方目的や服用方法が異なります。今回ご紹介するフリウェルは月経困難症を治療するお薬で、フリウェルLDとULDの2種類があります。この記事では、LDとULDの違いを踏まえた上で、効果や副作用、飲み方などについて解説します。

フリウェルLDとは?ULDとの違いは?

フリウェルはルナベルのジェネリック医薬品で、月経困難症の治療薬として用いられるピルです。フリウェルにはLDとULDの2種類があります。それぞれの違いをみていきましょう。

フリウェルLDとULDの違いは?

フリウェルLDは低用量、ULDは超低用量をいいます。LDはLow Dose(低用量)、ULDはUltra Low Dose(超低用量)の略です。

LDとULDともにノルエチステロンとエチニルエストラジオールが含まれています。ノルエチステロンの含有量は同じですが、それぞれの違いはエチニルエストラジオールの含有量にあります。LDのエチニルエストラジオール含有量が0.035mgに対し、ULDは0.02mgとやや少なくなっています。

フリウェルLDの成分は?

フリウェルLDに含まれる有効成分は、ノルエチステロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)という、人工的に合成された2種類の女性ホルモンです。ノルエチステロンとエチニルエストラジオールの作用により、排卵が抑えられ生理痛が軽減されます。

ULDのエチニルエストラジオール含有量がLDに対して低く、LDと比較して不正出血の発現率が高いことが報告されています。LDとULDどちらが適しているかは、診療を受けた上でご自身に合ったものを処方してもらいましょう。

フリウェルLDとULDの効果は?避妊効果もあるの?

続いて、フリウェルLDとULDの効果について説明します。一般的な低用量ピルでは避妊効果が得られますが、フリウェルLDの場合はどうでしょうか。

フリウェルLD・ULDの効果は?いつから出る?

フリウェルLDとULDの効果は、月経困難症の改善です。フリウェルに含まれる有効成分には、排卵を抑制して子宮内膜の増殖を抑える作用があります。これにより経血量が減少し、子宮を収縮させる痛みの原因となるホルモン「プロスタグランジン」の分泌量が低下することで、生理痛が軽減されると考えられています。

フリウェルLD、ULDを服用して効果の出るまでの期間には個人差があります。一般的に低用量ピルの効果は2~3ヶ月後に表れるといわれていますが、4ヶ月以上経っても効果を実感できない場合、種類の変更を検討すると良いかもしれません。

フリウェルLD・ULDの避妊効果は?

フリウェルLD、ULDともに避妊目的で服用はできません。フリウェルは月経困難症の改善を目的としたお薬のため、避妊に関する臨床試験などが行われておらず、避妊効果が承認されていない状態です。

 

フリウェルLD・ULDの副作用

フリウェルLD、ULDでみられる主な副作用には以下のものがあります。服用開始後はホルモンバランスの変化により副作用が出ることがありますが、服用を続けるうちに症状は落ち着くといわれています。もし重い副作用が出たり症状が長引く場合は、医師に相談をしましょう。

・悪心、嘔吐

・不正出血

・頭痛

・倦怠感

・むくみ

・胸の張り

・眠気

上記に加え、重大な副作用として血栓症があります。脚の急激な痛み、むくみ、突然の息切れ、激しい胸や頭の痛み、話しづらい、目がかすむなどの症状が表れた場合は、直ちに服用を中止して内科を受診してください。

フリウェルLD・ULDを飲むとニキビができる?

フリウェルの添付文書によると、副作用として見られる症状にざ瘡(ニキビ)が報告されています。特にピルを飲み始めたばかりのタイミングは、体内のホルモンバランスが一時的に変化することで、ニキビなどの肌トラブルがみられる場合もあります。ただし、2~3ヶ月ほど飲み続けるとホルモンバランスは安定するため、症状は徐々に落ち着いていくことがほとんどです。もし飲み続けてもニキビが改善しなかったり悪化する一方な場合は、一度医師に相談してみてください。ニキビの原因がホルモンバランスの変化でない場合は、下記のような要因が考えられます。

・自分の体質にピルが合っていない

・自律神経や生活習慣が乱れている

用法用量を守って服用できているか、規則正しい生活ができているかを振り返り、まずは様子をみながら2~3ヶ月継続して服用してみてくださいね。

フリウェルLD・ULDを飲むと太る?

フリウェルLD・ULDの副作用として、体重増加も報告されています。フリウェルで体重が増える原因として、むくみと食欲増進が挙げられます。ピルに含まれる黄体ホルモンの作用で、水分をため込んで身体がむくみやすくなったり、生理期間中の不調から開放されて食欲が増進されることがあります。ピルを飲み始めたばかりの段階はホルモンバランスが変化するため、一時的にこのような症状を感じやすくなります。その一方、体重減少の副作用も報告されているため、個人差が大きいと考えられます。バランスの良い食生活や適度な運動を心がけてみましょう。

フリウェルLD・ULDを飲んでいるのに生理が来た?

フリウェルLD・ULDを服用していると、通常の生理期間ではないタイミングに出血を起こすことがあります。これを不正出血といいます。不正出血は、フリウェルを飲み始めたタイミングの、ホルモンバランスが不安定な時期に起こりやすい副作用の一つです。程度や色には個人差があり、おりものに経血が混じったもの、鮮血や茶色っぽいものが出るなど、人によってさまざまです。一般的には2~3ヶ月ほど継続的に服用することで治まりますが、出血の量が多い場合や長期間続く場合は、婦人科系の疾患が原因となっている可能性があります。フリウェルを処方してもらった婦人科やクリニックに相談することをおすすめします。

また、フリウェルを飲み忘れが続くと、体内のホルモン量が減少することによって不正出血が起きる可能性が高くなります。飲み始めの不正出血が心配な場合は、あらかじめパンティーライナー(おりものシート)や生理が軽い日用のナプキンを身に付けておくと安心です。

フリウェルLD・ULDの副作用はいつから?

フリウェルLD・ULDの副作用が出るタイミングは、個人の体質などによって異なります。一般的に、どのピルでも飲み始めから1~3ヶ月は副作用が出やすい時期だといわれています。ほとんどの場合は2~3ヶ月以降になると症状が落ち着くため、まずは身体が慣れるまで服用を続けてみることが大切です。副作用がつらい時は、無理せずに副作用緩和薬を服用すると良いでしょう。

また、重い副作用として挙げられる血栓症は、服用開始後3ヶ月以内に発症しやすいといわれています。激しい頭痛や胸の痛み、片足の痺れなど、血栓症を疑う症状が出ていないか、飲み始めはご自身の身体に気をかけながらお過ごしください。

フリウェルLD・ULDの飲み方は?

フリウェルLD・ULDは、21日間連続服用して、7日間休薬するお薬です。飲み方は下記の通りです。

①(初めて服用するとき)生理の第1~5日目から飲み始める

②1日1錠を毎日一定の時刻に21日間服用

③7日間休薬する

④出血のあるなしにかかわらず、翌日(29日目)から新しいシートの服用を開始する

⑤②~④を繰り返す

フリウェルに限らず、ピルは毎日一定の時刻に飲み続けることが大切です。服用する時間に決まりはないため、ご自身のライフスタイルに合わせて忘れにくい時間を決めておくと良いでしょう。もし急用などで決まった時刻に服用できない場合は、3時間以内に飲むように意識してください。

フリウェルLD・ULDを飲み忘れた時の対処法

飲み忘れに気付いたときは、気付いた時点で飲み忘れた分の1錠を服用し、当日分の1錠もいつもの時間に服用してください。翌日の服用時刻になって飲み忘れに気付いた場合は、前日分と合わせて2錠まとめて服用して問題ありません。

2日以上飲み忘れてしまった場合も同様の飲み方となり、気付いた時点で飲み忘れた分の1錠を服用し、いつもの時間に当日の1錠を服用してください。ピルは1日2錠より多く服用できないため、3錠以上飲まないよう注意してください。

フリウェルLD・ULDを服用後の生理はいつ来る?

フリウェルLD・ULDは、21日間連続服用した後の、7日間の休薬期間中に生理が来ます。ただし、前回の生理以降に性交渉をした場合や、2周期連続して生理のような出血がない場合は妊娠している可能性があります。念のため、処方してもらった医師に相談をしてください。

フリウェルLD・ULDで生理をずらせる?

フリウェルLD・ULDを継続的に飲んでいる場合、生理日を早めたり遅らせることができます。基本的には2シート以上(約2ヶ月)継続的に服用していることが前提となります。

生理日を早めたい場合は、ずらしたい生理の1つ前の生理が始まってから1~5日目までに飲み始めます。14日以上服用したあと、早めたい日数分の錠剤の服用をストップすると、2~3日後に生理がきます。生理日を遅らせたい場合は、21日間連続服用したあとに7日間休薬せず、新しいシートの錠剤を飲み続けます。生理を遅らせたい日まで服用したら、そのあと休薬することで生理が来ます。

なお、生理日の移動は中用量ピルを使用することが多いです。普段からフリウェルを服用していて生理日をずらしたい場合は、事前に医師に相談することをおすすめします。

フリウェルLD・ULDはオンラインで入手可能?

症状や体質、ライフスタイルなどによって、個々に最適なピルは異なります。月経困難症に悩んでいてフリウェルLD・ULDの服用を希望する場合は、必ず医師の診療を受けて処方してもらいましょう。個人輸入代行などの通販で購入すると、偽物がまぎれていたり、十分な効果が期待できない可能性があります。場合によっては、重篤な副作用を引き起こす危険性も無視できません。自己判断での購入は非常にリスクが高いため避けましょう。また、フリウェルは医師の診療を受け、治療目的として処方される場合には保険が適用されます。オンライン診療で処方してもらう場合は、自由診療となるため保険適用外となります。

フリウェルULDのオンライン処方ならメデリピル

オンラインピル診療・処方サービスの「メデリピル」では、超低用量ピルのフリウェル配合錠ULDのみ取り扱っています。オンライン診療は自由診療となり、保険適用外のため全額自己負担での購入となります。忙しくて病院に行く時間がない、近くに安心して受診できる婦人科がないという方は、場所を問わず利用できるオンラインピル処方を検討してみてはいかがでしょうか。

ピルを服用するには、医師による診療を受けた上で処方してもらう必要があります。婦人科や産婦人科などの医療機関を受診するか、クリニックなどが展開するオンライン診療を利用して処方してもらう方法があります。

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら
→超低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

フリウェル配合錠LDとULDの違い、効果や副作用などについて理解いただけましたでしょうか。フリウェルは避妊目的で服用できず、月経困難症の治療目的で処方されるピルになります。メデリピルでは、フリウェルは超低用量ピルのULDのみを扱っていますが、フリウェル以外にも超低用量ピルの種類を豊富にご用意しています。必ず医師の診療を受けた上で、自分に合ったピルを処方してもらいましょう。通院せずに手軽にピルを購入したい方は、オンライン診療の利用も選択肢の一つとして検討しても良いかもしれません。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. フリウェルLDとは?ULDとは違うの?避妊効果などの効果や副作用を解説