低用量ピルが保険適用になる場合は?条件やピルの種類を解説

ピル
更新日:2024.06.12

避妊目的以外の生理痛の緩和などが理由で使用されることもある低用量ピルですが、保険適用ができる場合とできない場合があります。

どのようなケースが保険適用になり、それらのピルの違いはなんなのかについて解説していきます。

低用量ピルが保険適用になるのは、治療目的の場合

低用量ピルは毎日服用する必要があり、突然服用をやめると緩和されていた月経困難症など生理中の症状が再発してしまうことがあるため継続するには金銭的負担がかかりますよね。

ピルは利用目的によって保険適用になる場合とそうでない場合があります。治療目的で低用量ピルが必要と医師が判断し処方した場合は保険適用対象となります。

現在の日本では月経困難症、子宮内膜症など、治療を目的として処方された低用量ピルは保険適用になります。

避妊を目的とした低用量ピルの服用は保険適用外

継続的な避妊を目的として低用量ピルを服用する場合は、治療を目的とした服用とはならないため、保険適用にはなりません。
一方で低用量ピルには、PMSの緩和や生理痛の緩和、経血量の減少、ニキビ改善などの副効用があるため、それを目的に処方を希望するケースも多いです。

低用量ピルの保険適用の有無による種類の違い

保険適用の低用量ピルと保険適用外の低用量ピルは「LEP」と「OC」と区別して呼ばれ種類がことなります。

LEPは保険適用の医療用ピル、OCは保険適用外の避妊用ピルです。

低用量ピルで保険適用有り:LEP

LEPとは上記でも説明したとおり医療用に使用されるピルとなります。なぜかというと、月経困難症や子宮内膜症の治療、症状の緩和として処方されるためです。正式名称をlow dose estrogen-progestinといい、「レップ」と呼びます。

LEPには以下のような種類があり、それぞれ服用方法やホルモンの配合量、種類が異なります。

また、自由診療であればOCのピルを処方してもらう事も可能です。希望の場合は医師に相談してみましょう。

・ルナベルLD 

・フリウェルLD 

含有されるホルモン量が、低用量ピルよりもさらに少ない超低用量ピルだと、下記のピルが該当します。

・ヤーズ 

・ヤーズフレックス 

・ドロエチ

・ルナベルULD 

・フリウェルULD 

低用量ピルで保険適用無し:OC

OCとは上記でも説明したとおり継続的な避妊に使用されるピルで、飲み方によっては月経移動に用いることもできます。正式名称は、Oral Contraceptivesといい、「オーシー」と呼びます。日本語でOral Contraceptivesは経口避妊薬という意味です。避妊効果が認められる薬剤として承認を受けており、排卵の抑制以外にも受精卵が着床しにくい状態を保つなどの効果が期待でき、正しく内服できていれば99.7%の避妊効果があります。

OCには以下のような種類があり、それぞれ黄体ホルモンの種類や含有量が異なり、避妊以外の面でも副効用として生理痛やPMSの緩和、ニキビ改善なども期待できる薬です。

・シンフェーズ

・トリキュラー

・アンジュ

・ラベルフィーユ

・ファボワール

・マーベロン

生活スタイルに合わせてピルをはじめるならメデリピル

上記でも解説したように低用量ピルには避妊以外にも副効用として生理痛やPMSの緩和、ニキビ改善の効果が期待できます。
いくら保険適用を希望しても、婦人科へ行くための予約が取りづらかったり、近くになかったりなどで受診を躊躇してしまったことはありませんか?

メデリピルでは自由診療となるため、保険適用はできませんが、その代わり、24時間LINEから診療予約をすることができ、スキマ時間や仕事終わりなどで医師による診療とピルの処方を受けることができます。

そして、メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3回目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

健康保険による医療費や薬剤処方の費用補助は税金によって賄われているため、病気にかかわるものや医師が必要と判断したものにしか適用されません。しかし、継続的な避妊目的の他に副効用もあるため、自由診療でも低用量ピルを服用するメリットは大きいといえるでしょう。

メデリピルでは、服用中の医師への相談は、サービスを利用期間中であれば何回でも無料で受け付けているため、初めて低用量ピルを服用される方にも安心できるようなサポート体制が整っています。

詳しくはLINEでチェック↓

監修者

成城松村クリニック院長
松村 圭子
1995年広島大学医学部卒。広島大学医学部産科婦人科学教室へ入局し、2010年に成城松村クリニックを開院。 『10年後もきれいでいるための美人ホルモン講座』(永岡書店)、『女性ホルモン 美バランスの秘訣』(大泉書店)をはじめとする多くの著書を執筆。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. 低用量ピルが保険適用になる場合は?条件やピルの種類を解説