ルナベル配合錠LDとは?生理痛緩和への効果や服用方法を解説

ピル
更新日:2023.05.18

低用量ピル/超低用量ピルには様々な種類があり、自分の状態や目的にあったものを選ぶことが大切です。ルナベルは数あるピルの中の1つになります。他のピルと違ってルナベルには「ルナベル配合錠LD」「ルナベル配合錠ULD」という似た名前の種類があります。こちらの違いについても分かりやすく解説していきます。

「ルナベル配合錠LD」「ルナベル配合錠ULD」という似た名前の種類があります。こちらの違いについても分かりやすく解説していきます。

ルナベルとは生理痛や子宮内膜症を緩和するピル

ルナベルは月経困難症に対する治療に、健康保険を使って使用することができます。ピルのなかでも、健康保険で処方ができる「LEP製剤」と呼ばれるお薬に分類されます。他のピル同様に卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2つの女性ホルモンが含まれています。

ルナベルとフリウェルの違い

ルナベルにはジェネリック医薬品が存在し、フリウェルが該当します。効果や飲み方、服用後の副作用について違いはないといわれています。ジェネリック医薬品の方が低価格なため、ジェネリックを希望する場合はフリウェルを選択しても良いかもしれません。

ルナベルに期待できる効果

ルナベルには「月経困難症や子宮内膜症の治療・予防」が期待できる効果として挙げられます。それぞれの効果について、詳しく紹介していきます。

月経困難症や子宮内膜症の治療・予防

ルナベルには月経困難症や子宮内膜症の治療・予防の効果が見込めます。

月経困難症とは生理中に日常生活に支障をきたす程の下腹部痛、腰痛などの一般的な症状に加えて、吐き気、頭痛、倦怠感、食欲不振、下痢、さらに気分の落ち込みによる抑うつなどの症状が出る病気です。子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が子宮ではない場所にできてしまう病気です。こちらも生理中に激しい下腹部痛や腰痛を伴うことがあります。

継続的に服用することで、排卵が抑制されることで子宮内膜の肥厚が抑えられるため、生理痛などの症状が軽くなります。

ルナベルに特徴的な副作用

ルナベルを服用することで期待できる効果について説明しましたが、押さえておきたいのが副作用について。

ルナベルに限らず、ピルの飲み始めの期間には、副作用が起きる可能性があります。以下のような副作用が挙げられます。

・不正出血

・吐き気

・腹痛

・頭痛

・抑うつ

・ニキビ

・乳房の痛み、不快感

・めまい

・貧血 など

副作用の多くは飲み始めが1番多く、飲み続けることで次第に改善していくことがほとんどです。吐き気や頭痛が辛い時は無理せず、副作用緩和薬などを処方してもらうことをおすすめします。

ルナベルには低用量と超低用量の2種類ある

「ルナベル配合錠LD」「ルナベル配合錠ULD」の違い

ルナベル配合錠LDは「低用量ピル」に、ルナベル配合錠ULDは「超低用量ピル」に分類されます。ちなみにLDはLow Dose、ULDはUltra Low Doseの略称です。

ULDとLDの違いは含まれてる卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの含有量の違いになります。

エチニルエストラジオールの含有量
ルナベル配合錠LD 0.035mg(1錠中)
ルナベル配合錠ULD 0.02mg(1錠中)

※ルナベル配合錠LD/ルナベル配合錠ULD 添付文書から引用

卵胞ホルモンの量が多くなると、血栓症のリスクが高まるといわれていますが、逆に配合量が少ないと不正出血が発生しやすいともいわれています。

ルナベル以外のLEP製剤

ルナベルと同じLEP製剤のなかには「ヤーズフレックス」「ヤーズ」などがあります。

ヤーズとヤーズフレックスには黄体ホルモンとして「ドロスピレノン」が含まれており、一方でルナベルには「ノルエチステロン」が含まれています。

ヤーズフレックスの大きな特徴が、休薬期間なしで長期間の服薬ができることです。最大120日間連絡服用ができるため、生理を年3回まで減らすことができます。またヤーズフレックスは24日継続して服用した後、25日目以降から120日までの間は服用期間を自由に決められるので生理期間をコントロールしやすいです。

以下で分かりやすく比較しています。

黄体ホルモンの種類 目的 特徴
ルナベル ノルエチステロン ・月経困難症の緩和
・子宮内膜症の治療
ジェネリック医薬品が存在する
ヤーズフレックス ドロスピレノン ・月経困難症の緩和
・子宮内膜症の治療
最長で120日間の連続服用ができる

ルナベルの服用方法

ルナベルは1シート21錠入りのピルになっています。生理開始日~5日以内に服用を開始し、21日間連続で服用してください。22日目~28日目は休薬期間を設けて服用を停止します。通常であれば休薬期間中に消退出血がきます。休薬期間が終了したら翌日から新しいシートで服用を開始してください。

1サイクルの中で薬を飲まない期間が発生するので、服用再開を忘れないように注意しましょう。アプリや手帳などで管理するのがおすすめです。

ルナベルを飲み忘れてしまった場合

1日(1錠)の飲み忘れの場合…飲み忘れに気付いた時点で1錠を服用し、当日分もいつも通りのタイミングで服用してください。この場合、1日2錠服用することになります。いつもの服用時間に前日の飲み忘れに気が付いた時は、2錠まとめて服用しましょう。

2日(2錠)以上の飲み忘れの場合…いつもの服用時間前に飲み忘れに気付いた場合は気付いた時点で1錠服用し、その後いつも通りの時間でもう1錠服用してください。服用時間に気が付いた場合は、2錠服用してください。2日以上飲み忘れていても3錠以上は決して服用しないようにしてください。

ルナベルの服用中であっても生理が来るケースもある

基本的にはルナベルをはじめとした超低用量ピルや低用量ピルの服用の場合、休薬期間中に生理が来る仕組みです。
しかし、実薬を服用している期間に生理が来ることがあります。
これはルナベルを飲み始めたばかりの方に起きやすく、ホルモンが安定していないことから生理が来ることがあるのです。
焦る必要はなく、ルナベルの服薬を続けることで次第にホルモンが安定していきますので服用中に生理が来ても服用を中止せずに飲み続けましょう。

休薬期間中に生理が来ない「無月経」の場合は医師に相談

ルナベルの副作用のひとつとして、休薬期間中に生理が来ないことがあります。
生理が来ない=妊娠と捉えてしまう方も多いと思いますが、ルナベルLDの場合、薬の服用スケジュールを守っていれば妊娠する可能性はかなり低いといえます。
しかしながら、休薬期間中に生理が来ない場合で妊娠しているということも少なからず可能性としてはあるので、心配な方は妊娠検査薬の使用や病院を受診して医師に相談することをおすすめします。

ピルをはじめるならメデリピル

ルナベルを飲んでみたいけど、ピルの服用経験がなく、安心して信頼できる方法で始めたいという方に、オンラインピル診療・処方サービスのメデリピルがおすすめです。
メデリピルでは、ルナベル配合錠ULDをはじめとした超低用量ピルに加え、低用量ピル・中用量ピル・アフターピルの取り扱いがあります。ただし、メデリピルでは自由診療となるため、保険適用はできません。
ですが、メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3回目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら
→超低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

ルナベルの特徴や、ヤーズフレックスなどの他のピルとの違いについておわかりいただけましたでしょうか?ルナベルは避妊目的ではなく、あくまで月経困難症や子宮内膜症などの治療目的で使用されるピルになります。保険適用で処方を受けることができるので、本来は産婦人科を受診して診てもらうことがおすすめですが、すでに飲んでいる、手軽に購入したい方にとってはオンライン診療の利用も選択肢に入れても良いかもしれません。

詳しくはLINEでチェック↓

監修者

産婦人科医
mederiドクター
mederiドクターとして、メデリピルのオンライン診療や体調相談を担当している現役産婦人科医。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ルナベル配合錠LDとは?生理痛緩和への効果や服用方法を解説