ピル服用中の頭痛や倦怠感の3つの原因とは?対処法も紹介!

ピル
更新日:2024.07.11

ピルの服用を続ける中で、微熱やだるさなどの副作用を感じたことはありますか?副作用の症状には色々なものがありますが、実はピルの副作用ではなく、重大な病気のサインになっていることもあります。この記事では、副作用の原因や対処法、病院を受診した方が良い場合の判断基準などについて解説していきます。

ピル服用中に微熱など副作用が出る原因とは?

これまでにピルを服用していて、微熱・だるさなどの副作用が出たことはありますか?副作用が起きてしまう原因について、以下で3つ紹介します。

ピルによるホルモンバランスの変化

ピルには、卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」という、2種類の女性ホルモンが含まれています。ピルを飲むと、これらの女性ホルモンが体内に取り込まれます。そのため、ピルの服用を始めた最初の頃には一時的にホルモンバランスが変化し、副作用が現れやすくなります。特にピルに含まれるプロゲステロンが基礎体温を上げ微熱のように感じたり、だるさの原因となることが多いです。しかし、継続して飲み続けることで副作用の症状は改善されていき、服用開始から3か月ほど経つと副作用は見られなくなることがほとんどです。ただし、一度ピルの服用を中止してしばらくしてから再開した場合、飲み始めの頃は再び副作用が生じる可能性があります。

血栓症の疑い

ピル服用によって起こりうる重大な副作用として、血栓症の発症リスク増加があります。これは、ピルに含まれるエストロゲンに血液凝固作用があるために起きるものです。血栓症になると、手足のだるさや痺れ、片方の手足のむくみ、皮膚の変色、胸の痛みや呼吸苦などが起こります。また、血栓によって炎症が起きている場合、微熱を感じることがあります。ピルの副作用で熱っぽいのだと思っていたら、実は血栓症を発症していたというケースも考えられるため、このような症状が見られたらすぐにピルの服用を中断し、医師に相談するようにしてください。

合わせて読みたい!関連記事

ピル服用中の頭痛の対処法や注意したい片頭痛とは?【安心してピルを飲むために】

2024.06.27

副作用の対処法

それでは、もしもピルの服用によって副作用が見られた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?副作用には、自然解消する場合と病院の受診が必要な場合の2通りがあります。以下でそれぞれ解説していきます。

自然解消する副作用

自然解消されるのは、ピルの飲み始め時期に見られる副作用です。ピルの服用開始直後は、ピルに含まれる女性ホルモンの影響でホルモンバランスが変化し、副作用も起きやすくなります。多くの場合、3か月ほど服用を続けると体が慣れてきて副作用は見られなくなるため、まだ服用を始めたばかりの方はしばらく様子を見てみましょう。1か月経っても副作用が治まらない場合は、一度医師に相談してみてください。ピルの種類を変更することで改善する場合もあります。

受診が必要な副作用

受診が必要なのは、副作用が何か重大な病気のサインになっている場合です。ピルは肝臓で分解されますが、それによって肝臓の負担が大きくなり、うっ滞性黄疸や肝障害などを発症することがあります。これらの病気になると、だるさ・かゆみ・皮膚の黄色への変色・食欲不振などが起こります。だるさはピルの副作用でもありますが、もしそれ以外にかゆみ・皮膚の変色・食欲不振などの症状が見られた場合は、これらの肝臓の病気を疑い医師に相談するようにしてください。
また、血栓症の症状のひとつとして微熱をはじめとした発熱症状が出ることもあるため、原因不明の発熱に加えて片方の手足がはれたり、だるさが強かったり、胸の痛みや呼吸苦がでた際も医師に相談してください。

合わせて読みたい!関連記事

飲みはじめの副作用ってどんな症状?主な原因と対策について

2024.06.27

低用量ピルは生理前~生理中の微熱やだるさの解消に役立つ?

生理前、体のだるさを感じたことはありませんか?そのようなだるさの原因は、PMS(月経前症候群)である可能性が高いです。PMSは生理の3〜10日前頃から身体的・精神的不調が起きることを指します。生理前〜生理中のだるさに悩んでいる方は、ピルを服用することによって、だるさを改善できる可能性があります。

合わせて読みたい!関連記事

低用量ピルの副作用とは?効用と対処

2024.06.27

受診が必要な場合もあるので注意

ピルを服用していてもなお、だるさが続く場合、慎重に様子を見ることが必要です。先ほど説明したように、ピルの服用を開始してすぐの場合は副作用としてのだるさが見られやすい時期であるため、まずはしばらく飲み続けてみましょう。もし1か月以上経ってもだるさが消えない場合、ピルの種類が合っていなかったり肝臓の病気になっていたりする可能性があります。気になる症状があればすぐに医師に相談しましょう。

ピルをはじめるならメデリピル

ピルの服用経験がなく、ピルを飲んでみたいけど、安心して信頼できる方法で始めたいという方に、オンラインピル診療・処方サービスのメデリピルがおすすめです。
メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3シート目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3シート目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3シート目受け取りまでは解約は不可となります

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

今回の記事では、ピルの服用によって見られる副作用の原因や対処法、受診基準などについて解説しました。ピル服用開始から1か月経過してもだるさが消えない場合、ピルの種類を変えることで症状が改善することがあります。また、微熱やだるさの原因が血栓症や肝障害などの重大な病気である可能性もあるため、気になる症状があればすぐに医師に相談するようにしましょう。

監修者

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医
柴田 綾子
世界遺産15カ国ほど旅行した経験から母子保健に関心を持ち産婦人科医となる。 2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修し2013年より現職。著書:患者さんの悩みにズバリ回答!女性診療エッセンス100(日本医事新報社)、明日からできる! ウィメンズヘルスケア マスト&ミニマム(診断と治療社)など。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ピル服用中の頭痛や倦怠感の3つの原因とは?対処法も紹介!