授乳中にピルの服用は可能?服用開始日やリスクについて解説!

ピル
更新日:2024.06.12

低用量ピルを妊娠前から服用していた方は産後に再開したいという方も少なくありません。
しかし、授乳があるためピルを服用しても問題ないのか心配になりますよね。また、いつから服用できるのかなどを詳しく解説していきます。

授乳中にピルを服用していいの?

産後にピルの服用を再開したい、第二子を望まないという理由で継続的な避妊を希望しているなどで、ピルの服用を検討する方もいるのではないでしょうか。しかし、授乳期間であるとピルの成分が母乳に影響を及ぼさないか、母体に影響はないのかと不安になりますね。
まず、産後は血栓リスクが高いため、ピルを服用することで母体に影響が出る可能性があります。血栓リスクを避けるためにも産褥期の血栓リスクが高い状態でのピルの服用はおすすめできません。また、日本産婦人科学会編 OC/LEPガイドライン2020によると授乳中にピルを服用すると母乳の量が減ったりピルの成分が母乳に含まれてしまい赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるとされています。そのため、産後から6か月が経過した時点で医師が服用可能と判断した場合に使用ができるようになります。一方で授乳をしないで育てている場合は産後21日前後で服用可能とされていますが医師の判断を仰ぎましょう。もし、服用を希望する場合は産後の1か月検診やその後の定期検診で母体の健康状態に問題がなければ医師に相談してみてくださいね。

授乳中のピルの服用はしないほうが安心

産後というのは日本産婦人科学会編 OC/LEPガイドライン2020によると、血栓症のリスクが高まるといわれています。
そのため、授乳中にピルの処方がされることは極めて稀です。もし、服用を検討している場合は一度、医師に相談して判断を仰ぐようにしてください。
自己判断での授乳中の服用は大変危険ですので、自身の体を守るためにも赤ちゃんのためにもしないようにしましょう。

ピルをはじめるならメデリピル

ピルの服用経験がなく、ピルを飲んでみたいけど、安心して信頼できる方法で始めたいという方に、オンラインピル診療・処方サービスのメデリピルがおすすめです。
メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3回目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

ここでは低用量ピルの授乳中の服用や注意点について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
産後は体質が変わって生理痛がつらくなったり、経血量が増えるなど、妊娠前にはなかった不調がでる方も多いとされています。その際に低用量ピルは避妊効果のほかにも、生理痛の軽減や経血量の減少などにも効果が見込める薬ですので、正しいタイミングで医師の指導のもと服用をしましょう。


↑詳しくはLINEでチェック

監修者

産婦人科専門医、がん治療認定医、mederiドクター
mederiドクター
産婦人科専門医、がん治療認定医 女性のヘルスケアアドバイザー(女性医学会認定)、F U S E certificated personnel(米国内視鏡外科学会認定)、JOHBOC研修終了(日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構) 大学病院に入局し高度周産期センター、婦人科腫瘍専門施設で研修・修練後、総合病院で良性疾患の腹腔鏡手術や、不妊治療、女性内分泌・更年期障害など幅広く女性診療を行う。米国への留学を経て、現在はmederiドクターとして、メデリピルのオンライン診療や体調相談を担当している現役産婦人科医。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. 授乳中にピルの服用は可能?服用開始日やリスクについて解説!