ピルの値段は高いって本当?相場や処方時にかかる金額を解説

ピル
更新日:2024.04.18

ピルの値段は高いって本当?相場や処方時にかかる金額を解説

時々耳にする「低用量ピルの値段は高い」という噂は本当なのでしょうか?この記事では、低用量ピルの値段や保険適用の有無、処方時にかかる金額などについて、種類別・用途別に解説していきます。

ピルとは

ピルは2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」を配合した経口避妊薬として開発されたお薬です。避妊効果だけでなく、副効用として生理痛や生理不順に効果的とされています。エストロゲンの配合量によって種類が変わります。

ピルの種類と違い

ピルは、エストロゲンの配合量によって「低用量ピル」「超低用量ピル」「中用量ピル」「アフターピル」の4種類に分かれています。以下で、それぞれの特徴について説明していきます。

【低用量ピル】
低用量ピルは、配合されているエストロゲンの量が50μg(マイクログラム)以下のピルを指します。継続的な避妊を目的に処方されます。副効用として生理痛の軽減などがあり、それを目的に服用することもあります。また、卵巣がんや子宮体がんのリスクを減らし、肌荒れの改善などにも効果があるとされています。

【超低用量ピル】
超低用量ピルは、エストロゲンの配合量が低用量ピルよりもさらに少なく、30μg以下のものを指します。月経困難症や子宮内膜症の治療薬として服用されるもので、病院を受診して処方された場合は保険適用となります。

【中用量ピル】
中用量ピルは、エストロゲンの配合量が低用量ピルよりもさらに多く、50μg以上のピルを指します。基本的には生理日の移動で使用されています。なお、低用量ピルに比べ副作用が出やすいとされています。

【アフターピル】
アフターピルは、避妊失敗時に緊急避妊をする目的で服用するピルです。多量の女性ホルモンを体内に取り込み、受精卵の着床を防いだり排卵を遅らせたりすることで、望まない妊娠を防ぎます。性交渉後72時間以内の服用が推奨されており、早く服用すればするほど避妊効果が高まります。

ピルの用途と保険適用

低用量ピル

病院で低用量ピルを処方してもらう場合は、それが避妊目的か治療目的かによって保険適用の有無が変わります。避妊目的の場合のピルはOC(Oral Contraceptives)、治療目的の場合のピルはLEP(Low dose Estrogen Progestin)と呼ばれています。
この時、OCは自費負担、LEPは保険適用となります。

一方、病院ではなくオンライン処方サービスを利用して低用量ピルを処方してもらった場合、そのピルがOC・LEPのいずれであったとしても診療自体が自由診療の扱いになるため、保険適用にすることができません。この点には注意が必要です。

超低用量ピル

超低用量ピルに関しても、病院において治療目的で処方してもらった場合は保険適用が可能です。超低用量ピルは一般的に月経困難症や子宮内膜症の治療薬として利用されることが多いため、ほとんどの場合は保険適用になるでしょう。なお先ほどの低用量ピルと同じように、オンライン処方サービスの場合保険適用はできなくなります。

中用量ピル

中用量ピルの主な用途である生理日移動目的で処方してもらう場合は、自由診療であるため病院でもオンライン処方サービスでも保険適用外となります。しかし中用量ピルも、病院において生理不順の治療目的で処方されることがあり、その場合は保険適用になるケースがあります。

アフターピル

アフターピルが目的とする緊急避妊は、「病気の治療」には当たらないとされるため、保険適用外となります。

ピルの種類別・値段の相場

低用量ピル

保険適用の場合と自費負担の場合があります。
保険適用時の負担額…1,000〜3,000円程度
自費負担時の負担額…2,000〜3,000円程度

超低用量ピル

保険適用の場合と自費負担の場合があります。
保険適用時の負担額…600〜2,000円程度
自費負担時の負担額…7,000〜12,000円程度

中用量ピル

保険適用の場合と自費負担の場合があります。
保険適用時の負担額…2,000〜3,000円程度
自費負担時の負担額…5,000〜8,000円程度

アフターピル

保険適用にはならず、自費負担となります。
自費負担時の負担額…8,000〜20,000円程度

ピル処方時にかかる金額

病院

病院でピルを処方してもらう場合、薬本体の値段とは別に診療代や検査代などが必要となります。値段相場は下のようになっています。(実際の金額は施設や検査の内容により異なる可能性があります。)

〈診療代:初診料など含む〉
1,000〜3,000円程度
※大きな病院を紹介状を持たずに受診したときは7000円〜1万円の選定療養費が別にかかることがあります。

〈検査代〉
2,000〜4,000円程度

オンライン処方サービス

近頃では多くのオンラインピル処方サービスが登場しており、サービスごとにかかる金額も様々です。ここでは、オンライン診療・処方サービスである「メデリピル」の場合で説明していきます。
「メデリピル」でかかる金額は以下のようになっています。

〈診療代〉
低用量ピル・超低用量ピルの場合…無料
中用量ピル・アフターピルの場合…1,650円(税込)(メデリピルでの低用量ピルの処方が初めての場合、同時処方で診療代が無料になります)

〈送料〉
低用量ピル・超低用量ピルの場合…550円(税込)
中用量ピル・アフターピルの場合…無料
(低用量ピルでも送料無料になる「おまとめプラン」もあります)

まとめ

この記事では、「高い」と噂されがちなピルの値段について、種類別・用途別にご紹介しました。低用量ピルのプランには毎月数千円かかるものが多いですが、その分つらい生理痛の軽減や肌荒れの改善など、色々なメリットがあります。また、病院に行く時間がなかったり病院に行くことに抵抗があるという方は、オンラインでの診療・ピル処方サービスを利用するのがおすすめです。ピルを活用して、生理の悩みと上手く付き合っていけるといきましょう。

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います


↑詳しくはLINEでチェック

監修者

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医
柴田 綾子
世界遺産15カ国ほど旅行した経験から母子保健に関心を持ち産婦人科医となる。 2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修し2013年より現職。著書:患者さんの悩みにズバリ回答!女性診療エッセンス100(日本医事新報社)、明日からできる! ウィメンズヘルスケア マスト&ミニマム(診断と治療社)など。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. ピルの値段は高いって本当?相場や処方時にかかる金額を解説