アフターピルはどこでもらえる?妊娠してしまったかもしれない…という不安を解消しましょう

ピル
更新日:2024.06.11

今回の記事では、アフターピルをどこでもらえるのかについて解説します。避妊に失敗してしまっても、適切にアフターピルを服用すれば高確率で妊娠を阻止することができます。アフターピルについて正しく理解し、緊急時に落ち着いて対処できるようにしましょう。

アフターピルとは

アフターピルとは、避妊に失敗した際に服用する緊急避妊薬のことです。望まない妊娠を防ぐ上で非常に重要な役割を持っています。日本で承認されたアフターピルであるノルレボ錠(レボノルゲストレル錠含む)の場合、避妊に失敗した性交渉から24時間以内に飲めば95%、72時間以内に飲めば58%の確率で避妊できるとされています。なお、レボノルゲストレル錠はノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

参考:https://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

アフターピルはどこでもらえる?

アフターピルは医師の処方が必要が薬です。そのため、病院もしくはオンライン診療サービスを利用しましょう。
アフターピルは市販薬ではないためこれまで薬局での取り扱いはありませんでしたが、2023年11月からスイッチOTC化の取り組みの一環で、アフターピルを国内145店舗(2023年11月時点)の薬局で試験販売する試みが始まりました。しかしこれらの薬局はかなり数が限られている上、購入前に薬局に電話して購入できるかどうかの確認をする必要があります。
なお、アフターピルの試験販売を行っている薬局は、公式サイトから確認できます。

アフターピルの価格

アフターピルの購入には通常10,000円前後の場合が多く、メデリピルでは9,900〜11,000円で販売しています。日本で承認がおりているアフターピルは、ノルレボ錠と、そのジェネリックであるレボノルゲストレル錠です。レボノルゲストレル錠の方がノルレボ錠に比べて金額が下がりますが成分は同様です。
なお、金額は自費のため各病院・オンライン診療サービスによって異なります。

アフターピルを飲む際の流れ

ここでは、アフターピルを飲む際の具体的な流れについて説明します。

アフターピルを入手する

まずは、病院やオンライン診療サービスで医師の処方を受けて、アフターピルを購入しましょう。個人輸入や海外サイトのアフターピルには、有効成分が含まれていなかったり、有害物質が入っていたりする場合があるため危険がともないます。また、ピルが破損して届いたり、配送に時間がかかり服用が間に合わない可能性も考えられます。様々な危険性があるため、アフターピルは必ず病院や国内のオンライン診療サービスで購入するようにしましょう。

なるべく早く飲む

処方してもらったアフターピルは、避妊の失敗が疑われる性行為からなるべく時間が経たないうちに飲むことが重要です。飲むタイミングが早ければ早いほど、妊娠を阻止できる確率が上がります。ノルレボ錠(レボノルゲストレル錠含む)の場合、シートに錠剤が1つだけ入っているので、その1錠だけ飲みます。もっとたくさん飲まなくて大丈夫なのかと不安になるかもしれませんが、その1錠だけで十分に効果があるため、自分で追加購入して飲むなどはしないようにしましょう。
ただし、服用から3時間以内に吐いてしまった場合は、アフターピルの成分が吸収できていない可能性があるので、追加で服用が必要になることがあります。アフターピルを処方してもらった医師に相談するようにしてください。

服用後はしばらく様子を見る

アフターピルを服用してから2〜3日以内に、消退出血という生理に比べて量が少なく時期も短い出血が見られることがあります。これは、アフターピルに含まれるホルモンの影響で薄くなった子宮内膜が剥がれ落ちることによって起こります。なお、消退出血は起こらない場合もあります。アフターピルを服用して、3週間以内に生理がきちんと来たら、妊娠はしていないという風に考えて良いでしょう。

妊娠検査薬で検査する

アフターピル服用後3週間経っても生理が来ていない場合は妊娠している可能性があるため、妊娠検査薬を使って検査してみましょう。もし陽性だった場合は、すぐに産婦人科を受診しましょう。

アフターピルの副作用

ノルレボ錠(レボノルゲストレル錠含む)は比較的副作用が起きにくいとされていますが、それでも若干の副作用は起きる可能性があります。アフターピルの副作用は、吐き気・腹痛・頭痛などです。これらの副作用は、アフターピルの服用から24時間経つと自然におさまるとされています。

アフターピル服用時の注意点

アフターピルの服用において注意すべきことがいくつかあります。
正しく服用して効果を発揮するためにも理解しておきましょう。

服用前後に飲酒しない

アフターピルの服用前後に飲酒すると肝臓に負担がかかり、アフターピルの成分をきちんと吸収できなくなったり、血中濃度が高くなったりしてしまう可能性があります。また、飲酒によって吐き気を催すこともあります。アフターピル服用前後の飲酒は避け、服用時は必ず水で飲むようにしましょう。

服用後2時間以内に吐いてしまったら医師に相談する

アフターピル服用後3時間以内に吐いてしまった場合、ピルの成分がきちんと吸収されず、正しい避妊効果を得られない可能性があります。追加でもう1錠服用する必要があるかについては自己判断せず、アフターピルを処方してもらった医師に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

次の生理が来るまで性交渉は避ける

アフターピルを服用した後、次の生理を待っている間は、性交渉はしないようにしましょう。妊娠していないことをきちんと確認できるまでの期間に性交渉を行うと、排卵タイミングと重なった場合などに妊娠する可能性があります。

アフターピルはオンラインでも購入できる

アフターピルは病院だけでなく、オンライン診療サービスでも購入することができます。医師の処方を受けた後にアフターピルを購入するという点では病院と同じですが、オンライン診療サービスの場合、病院までの移動時間がなくて済む・自宅でオンラインで診療を受けられる、といったメリットがあります。
メデリピルではアフターピル以外にも、継続的に飲み続けることで長期的な避妊効果が得られる低用量ピル、子宮内膜症の治療でも用いられる超低用量ピル、生理日移動の際に用いる中用量ピルも取り扱っているため、ご自身の目的にあったピルが見つかります。ピルの服用をお考えの場合は、ぜひ検討してみてくださいね。
※オンラインでピルを処方してもらう場合でも、年に1回は子宮頸がん検診と血液検査などを受けるために通院が必要です。

まとめ

今回の記事では、アフターピルの購入の仕方や服用の流れについて解説しました。避妊に失敗すると不安になりますが、適切にアフターピルを服用すれば高確率で妊娠を防ぐことができます。しかし、継続的な避妊を希望する場合は低用量ピルの服用がおすすめです。メデリピルではアフターピルと一緒に処方してもらえるので、検討してみてくださいね。自分で自分の体を守っていくためにも、正しい知識を覚えておきたいですね。

アフターピルの処方ならメデリピル

オンラインピル診療・処方サービスの「メデリピル」ではアフターピルの取り扱いもあります。
メデリピルは、ピルが初めての方にも安心して利用していただける体制が整っています。

診療と処方を担当するのは、現役の産婦人科医のみで、診療時間も夜23時まで対応しているので、病院が開いていない時間にもアフターピルを処方してもらえます。
診療は音声通話かビデオ通話を選べるので、カメラオフでも診療を受けることができます。
アフターピルは、送料無料・最短当日発送でお届けします。東京23区内にお住まいであれば、別途送料3,850円(税込)で、処方されたその日にお届けする「当日お届けプラン」を利用することが可能です。(受付時間に限りがあります)
また、副作用が不安な方には吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方してもらえます。
今後も継続的に避妊していきたいという方には、低用量ピルも一緒に処方してもらうことができます。また、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が無料となります。
病院に行けなくとも、メデリピルのようなオンラインでのピル診療・処方サービスを利用するのもひとつの手段です。
こういった選択肢があることも知っておくと、いざという時に安心ですね。

LINEから診療予約ができる

メデリピルでは、LINEを使って診療予約や医師への相談、服薬管理などが完結します。
診療予約は24時間いつでも自分のタイミングで予約することができます。
まずはメデリピル公式LINEのお友達登録からはじめましょう♡

最短当日発送・送料無料

メデリピルでは、診療・処方が完了した時間にもよりますが、最短で当日発送されます。
届く日数はお住まいの地域によって変わるためご了承ください。
また、アフターピルの場合は送料無料になります。※1

※1 当日お届けプランは対象外です

東京23区内限定の当日お届けプラン

メデリピルでアフターピルを処方された場合、東京23区内にお住まいの方であれば、処方当日中に自宅に届く「当日お届けプラン」もお選びいただけます。
また、別途送料3,850円(税込)がかかります。ご希望の方は診療時に医師にお申し付けください。(診療時間によって、当日中にお届けが出来ない場合もあります)

低用量ピルと同時処方で診療代0円

メデリピルでは、初めてメデリピルで低用量ピルを処方された場合、アフターピルと同時に処方されることでアフターピルの診療代1,650円が0円になります。
今後も継続的に避妊をしていきたいという方は、これを機に低用量ピルの服用をはじめることをおすすめします。

副作用緩和薬も処方可能

メデリピルでは、アフターピルの副作用が心配…。3時間以内に吐いてしまったらどうしよう…。という方には、処方時に吐き気止めなどの副作用緩和薬も同時に処方しています。
ご希望の方は、処方時に医師にお申し付けください。

メデリピルでは、アフターピルだけでなくピルが初めての方にも安心していただけるサポート体制が整っています。
安心してピルをはじめるならメデリピルがおすすめです。


↑詳しくはLINEでチェック

監修者

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医
柴田 綾子
世界遺産15カ国ほど旅行した経験から母子保健に関心を持ち産婦人科医となる。 2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修し2013年より現職。著書:患者さんの悩みにズバリ回答!女性診療エッセンス100(日本医事新報社)、明日からできる! ウィメンズヘルスケア マスト&ミニマム(診断と治療社)など。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる

出張授業

mederi出張授業のレポート記事をお届け。
生理のしくみやからだについての理解を深め、男女ともに正しい性の知識を提供しています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. ピルに関する記事一覧
  4. アフターピルはどこでもらえる?妊娠してしまったかもしれない…という不安を解消しましょう