生理前のめまいや立ちくらみの原因や対処法を解説します

生理
更新日:2023.05.31

生理前になると運動しているわけじゃないのに、「めまい」や「立ちくらみ」が起こる、という経験をしたことがある人も多いのではないのでしょうか?日常生活で急に起こる症状に、驚き不安に思いますよね。この記事では、生理前のめまいや立ちくらみの原因や対処法を解説します。

めまいや立ちくらみが起こるのはなぜ?原因として考えられるもの

生理前や生理中に「くらっと」「ふわふわ」「ぐるぐる」するなど、日常生活の中で感じたことはありませんか?ここでは、めまいや立ちくらみといったこれらの症状の原因について解説していきます。
ストレスを多く抱えていたり、疲れが溜まっていたりすると、自律神経が乱れやすくなります。自律神経の乱れとは、心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経のバランスが崩れた状態です。結果として、めまいなどの心身の不調を引き起こします。この自律神経の乱れによってPMSや更年期障害/症状を引き起こすこともあります。

PMSとは月経前症候群とも呼ばれ、生理が始まる3~10日前くらいから現れる身体面、精神面の不調のことです。めまいは身体的不調と考えられます。特に排卵後には、体は水を溜め込みむくみやすくなります。そして内耳の一部に水が溜まり、めまいの原因のひとつとなっていると考えられています。

更年期障害/症状として、めまいが引き起こされることもあります。原因は卵巣機能の低下と考えられます。加えて体の変化や精神的、社会的な因子などが複雑に絡み合って、めまいの原因となると考えられています。

めまい・立ちくらみへの対処法4つ

深呼吸をする

深呼吸は、自律神経の乱れを改善し、めまい症状の緩和が期待できます。「鼻から吸って口から吐く」「お腹ではなく、胸に空気をためる」ことを意識して、1分程度行いましょう。自宅や職場、通勤通学時の電車の中など、いつでも行うことができます。また、ヨガなど適度な運動でストレスを軽減しながら呼吸を整えることも効果的です。

十分な睡眠時間を確保する

自律神経の機能は、疲労によって低下します。十分な睡眠時間を確保し、また良質な睡眠をとることで疲労を回復させましょう。睡眠の質には、食事内容や適度な運動の有無なども大きく影響しているため、基本的な生活習慣を整えることが大切です。

からだを温める

からだを温めると、血行や代謝が促進され、自律神経の乱れが改善できます。実際に、足湯をする、ぬるめのお湯で半身浴をするなどで温めることができます。また、3食バランスのよい食事を摂ったり、生姜や根菜など体を温める食材を食べたりなど、食事内容を意識して体を温めることができます。

漢方薬を服用する

漢方薬は、体内の水分の分布や、血液の巡りを改善し、ホルモンバランスを整えることができます。漢方薬は一剤でいくつもの症状に効くことがあるため、PMS(月経前症候群)のように様々な症状に悩まされる場合にも特に有効です。メデリピルでは、漢方薬の処方もしております。

生理前のめまいがひどく、悩まされるならピルの服用も検討して

生理前の「めまい」や「立ちくらみ」は、PMSの症状の可能性もあります。PMSの症状である場合、低用量ピルの服用が効果的です。低用量ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを少量ずつ含んでいます。服用することによって脳が排卵の指令を出さなくなり、ホルモンの増減の波がなくなります。排卵がないと、むくみや便秘、肌荒れなどの原因となるプロゲステロンも増加しないのでPMSの症状を抑えられるのです。

合わせて読みたい!関連記事

低用量ピルの副作用とは?効用と対処

2023.08.17

生理前のめまい緩和には低用量ピル

生理前のめまいの症状がPMSが原因だった場合、低用量ピルの服用で症状の改善が期待できる場合があります。
ピルの服用経験がなく、ピルを飲んでみたいけど、安心して信頼できる方法で始めたいという方に、オンラインピル診療・処方サービスのメデリピルがおすすめです。
メデリピルでは、現役の産婦人科医が診療から処方までをオンライン上で行い、自宅にピルが届くので、オンラインでも安心してピルを始めることができます。
メデリピルでは、ご自身に合ったピルを医師と相談しながら決めることができ、サービス利用期間中であれば診療代はずっと無料なので、服用中の不安なことや悩みを、いつでも医師に相談することができるサポート体制が整っています。
また、低用量ピル定期便 ※1 の場合、初月ピル代0円 ※2 で始めることができます。まずは試してみたい!という方におすすめです。

※1 3回目受け取りまで解約不可
※2 別途送料550円

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります

メデリピルについて詳しく知る
→低用量ピルの料金について詳しくはこちら

メデリピルの5つのこだわり

1ヶ月無料のお試し期間

ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
※医師の診療時に処方された場合、最低3シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、3回目受け取りまでは解約は不可となります
※2ヶ月目からピル代2,970円(税込)/月

診療担当するのは現役の産婦人科医

専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

何度でも診療・再診無料

服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

予約から診療までLINEで簡単

診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

正しい知識をお届け

ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※メデリピルは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います

まとめ

この記事では、生理前の「めまい」や「立ちくらみ」の原因や対処法を解説しました。ストレスや疲労から回復したり、生活習慣を整えるだけではなく、低用量ピルや漢方薬を服用することで、事前に症状を防ぐことができます。ぜひ、自分に合った対処法を見つけてくださいね。また、生理前に起こる症状は「めまい」や「立ちくらみ」だけではありません。生理前に起こりがちな他の症状に関しては、こちらのページで詳しく説明しています。ぜひご覧ください。


↑詳しくはLINEでチェック

監修者

産婦人科医
mederiドクター
mederiドクターとして、メデリピルのオンライン診療や体調相談を担当している現役産婦人科医。

※1 初月無料は低用量ピルのみ対象となり、別途送料550円(税込)かかります

※2 低用量ピル/超低用量ピルのみ対象となります

気になるキーワードで
検索しよう!
検索

カテゴリ一覧

生理

生理は女性にとって健康状態のバロメーターでもあります。
生理の基礎知識や、生理中でも快適に過ごすためのセルフケアをご紹介。

記事一覧をみる

ピル

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している女性ホルモンを含む医薬品です。
ピルの種類や効果、副作用について詳しくご紹介。

記事一覧をみる

インタビュー

mederiのサービスに携わっているメンバーや有識者の方々が、よりユーザー様と近い距離から「mederiならでは」の情報をお届け。

記事一覧をみる

漫画

こんな経験”あるある!”と思わず頷いてしまう?mederiユーザーからの体験談に基づいた、mederiオリジナル漫画シリーズです。生理やピル・女性の健康に関して、楽しく学んでみましょう!

記事一覧をみる

占い

「ご自愛」をコンセプトに、毎月の運勢を12星座別に占うコンテンツ。ご自身の心を高める「ご自愛アイテム」もお伝えしています。

記事一覧をみる
  1. オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル
  2. mederi WEBマガジン
  3. 生理に関する記事一覧
  4. 生理前のめまいや立ちくらみの原因や対処法を解説します