アフターピルが飲めないのはどのような場合ですか?

以下条件に当てはまる方にはリスクを考え、本サービスでは処方を行っておりません。

○ 肝機能障害を起こしている、あるいは起こしたことがある
○ 抗けいれん剤の内服をしている
○ 「妊娠中」「妊娠の可能性がある」
○低用量ピルなど女性ホルモン剤でアレルギーが出たことがある