ニキビはピルで良くなる?美肌と低用量ピルの関係

生理周期のなかで起こる不調の中でも、目に見えて分かる「肌トラブル」に悩まされている女性が多いのではないでしょうか?

生理前あたりからニキビが顔にできやすくなったり、肌が荒れて痒みや赤みなどのトラブルが起こる場合もあります。

低用量ピルは、皮膚科での治療でもなかなかよくならないニキビへの改善効果も期待できます。
今回は低用量ピルとニキビ改善、美肌の関係性について、産婦人科医の松村圭子先生に聞きました。

ニキビができる原因

生理前から生理中にかけてニキビができやすくなる原因は、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌です。

排卵の後から生理前にかけてプロゲステロンの分泌が増加しますが、プロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまうことでニキビに繋がります。

エストロゲンは肌に潤いを与えて状態を整えてくれる作用がありますが、生理前から生理が終わる頃まで減少しています。
そのため、肌が乾燥しやすくなり、乾燥しないように皮脂が過剰分泌されることでニキビができやすくなってしまうのです。

低用量ピルの服用でニキビが改善する?

低用量ピルは、PMSや生理不順改善などさまざまな目的でも用いられていますが、ニキビの改善にも効果があると言われています。

服用することで、ホルモンバランスの乱れを整えることができるので、ニキビができやすい環境を抑制できます。

また、低用量ピルの服用で、皮脂の過剰分泌を起こす男性ホルモンの分泌も抑制されるため、大人ニキビの改善も期待できます。

改善効果は服用2〜3ヶ月後から

低用量ピルの服用によるニキビ改善効果は、服用開始から2~3ヶ月程度で感じられることがほとんどです。長期的に経過を見るようにしましょう。

毎日きちんと服用を続けることで、ホルモンバランスを整え、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制してくれます。

まれに低用量ピルの服用でニキビが悪化してしまう場合もあるため、必ずしも全ての低用量ピルがニキビ改善に効果があるわけではありません。
服用途中でニキビが悪化したり、改善効果があまりみられなかったりする場合は、医師に相談してみましょう。

mederi Pillは、はじめてでも安心のオンライン診療サービスです

低用量ピルを利用したニキビの症状改善について、まずは気軽に医師に相談してみてはいかがでしょうか?

mederi Pillのピル処方はスマホから簡単にオンライン診療をお申し込み可能!最短当日発送にも対応、料金は国内最安クラス。

自宅で手軽に診療が受けられますので、オンライン診療初心者さんも気軽にご利用ください。

 

mederi Pillのサービスについて、何か不安なことやご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。
また、よくある質問もまとめてありますのでこちらからご確認ください。

(監修:成城松村クリニック 松村 圭子 院長)