どうしてピルでPMSが改善できるの?

PMS(ピーエムエス)は、月経前症候群とも呼ばれ、月経が開始する少し前から現れる身体面・精神面の不調のこと。

みなさんが服用している低用量ピルには、PMSの症状を軽減する効果もあります。

今回は低用量ピルがPMSの症状を改善する理由について、産婦人科医の松村圭子先生に聞きました。

PMS(月経前症候群)って?

生理が始まる3~10日前くらいから始まる身体的、精神的な不調のこと。

【体の不調】
頭痛、腹痛、体のだるさ、むくみ、胸の張り、肌荒れ、便秘…など

【心の不調】
イライラ、不安、気持ちが落ち込む、集中力の低下…など

PMSかどうかの見分け方

症状が、毎月「月経前に現れ、月経開始後に和らぐか」を確認しましょう。

月経周期との関連性を確認することが大切。月経前の精神的な不調が深刻なPMDDやうつ病などの疾患の可能性もあるので、症状を記録することが大切です。

なんで起こるの?

PMSの原因は諸説ありますが、⽣理前に女性ホルモンが急激に変動することが誘因の一つと言われています。

低用量ピルがPMSに効果的な理由

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンを少量ずつ含んでいます。服用することによって脳が排卵の指令を出さなくなり、ホルモンの増減の波がなくなります。

排卵がないと、むくみや便秘、肌荒れなどの原因となるプロゲステロンも上がらないのでPMSの症状を抑えられるのです。

mederi Pillは、はじめてでも安心のオンライン診療サービスです

ピルは、世界中で1億人の女性が使用している、多くの副効用を合わせ持つ女性の生活改善薬です。

mederi Pill提携医療機関のピル処方は自由診療ですが、一般的にほとんどの低用量ピルにおいて、保険適用の自己負担費用と、自由診療の費用に大きな差はありません。

スマホから簡単にオンライン診療をお申し込み可能、最短当日発送にも対応、料金は国内最安クラス。ぜひ、毎月の”つらい”を我慢しないために、これからもmederi Pillご活用ください。

 

mederi Pillのサービスについて、何か不安なことやご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。
また、よくある質問もまとめてありますのでこちらからご確認ください。

(監修:成城松村クリニック 松村 圭子 院長)