メデリピル

ファボワールはジェネリックピル/気になる効果や服用方法を解決|メデリピル

ピル(経口避妊薬)にはさまざまな種類があり、含まれる成分によって、避妊効果はもちろんPMSや肌荒れの改善など、期待できる効果や起こりうる副作用の性質、服用の方法などが異なります。そのため、自分に合ったピルを見つけることが重要です。

この記事では、「ファボワール」という種類の低用量ピルについて、正しい服用方法やメリット・デメリットまで詳しくご紹介します。

目次

■ファボワールは低用量ピルの一種

ファボワールは低用量ピルの一種で、エチニルエストラジオールとデソゲストレルと呼ばれる女性ホルモンが含まれています。排卵を抑制する効果があるため、高い避妊効果が期待できます。子宮内膜の厚みを減らす作用もあるので、生理痛の軽減にも効果的です。またデソゲストレルという黄体ホルモンは男性ホルモンを抑える働きを持っているため、ニキビ治療や多毛症の改善に期待が持てることが特徴です。

ファボワールとマーベロンの違い

ファボワールとマーベロンは、どちらも第3世代 一相性の低用量ピルです。

ファボワールはマーベロンのジェネリック医薬品(後発医薬品)であり、同じ成分、効果が期待できます。

期待できる効果としては、避妊や生理痛の緩和に加えて、含まれている黄体ホルモンに男性ホルモンの働きを抑制する働きがあることから、肌の余分な皮脂の分泌を抑えニキビを改善する効果などがあります。

医薬品の種類 黄体ホルモンの種類 特徴
ファボワール 先発医薬品 デソゲストレル ニキビ治療や多毛症の改善
マーベロン ジェネリック医薬品

ファボワールには21錠と28錠の2種類があり、その違いは7日の休薬期間にプラセボ(偽薬)を飲むか否かになります。休薬期間の7日間を経過した後に、そのまま次のシートのピルを飲み始める事を忘れてしまうのが不安な方は28錠タイプがおすすめです。

ファボワールは第3世代の低用量ピル|第3世代とは

低用量ピルには、黄体ホルモンの含まれる種類によって第一世代、第二世代、第三世代という分類があります。第3世代にはデソゲストレルという薬が含まれている事が特徴となっています。

ファボワールは一相性の低用量ピル|一相性とは

一相性とは、1シートの中で卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量が一定のものを指します。配合量が異なる薬が2種類入っているものを二相性、3種類のものを三相性といいます。

■ファボワールに期待できる3つの効果

ここではファボワールの具体的な効果として、「9割以上の高い避妊効果が得られること」「生理痛が緩和すること」「ニキビの改善ができること」の3点を詳しくご紹介します。

効果①:9割以上の高い避妊効果

経口避妊薬として販売されているということもあり、主な効果としては「避妊効果」となります。正しく服用を継続することで、高い避妊効果を期待することができます。

服用を継続すると、卵胞が発育していくのを抑えて排卵を抑制していきます。また、通常であれば着床しやすい子宮をつくるために、排卵日に向けて子宮内膜が厚くなっていきますが、これを抑制することで精子が着床しないように働きかけます。

さらに、子宮頸管粘液(おりもの)の粘性や成分を変化させることで、精子が子宮へ届きづらくなるため、着床しづらくなるという仕組みになっています。

なお、ピルで性感染症を防ぐことはできないので、性行為時にはコンドームの使用を推奨しています。性感染症を放置すると腹膜炎を起こしたり、不妊の原因になることもあります。

効果②:生理痛の緩和

ファボワールを服用することで生理痛の緩和を期待することができます。

生理痛とは、経血を体の外に押し出す時に子宮が収縮するために生じる痛みです。この子宮の収縮を促すために「プロスタグランジン」という成分が分泌されることが分かっています。ホルモンバランスが乱れると、収縮運動が過剰に発生してしまい、生理痛の大きな原因になっているといわれています。

ピルを服用することで、ホルモンバランスが整い、薬の効果で子宮内膜が薄く保たれるようになります。生理の時に排出する経血量が減るので、その結果生理痛も緩和されるという流れです。

効果③:ニキビの改善

避妊や生理痛緩和だけでない副効用として嬉しいのが、ニキビの改善です。生理前に突然できたニキビに、悩まされた経験のある方も多いのではないでしょうか?

男性ホルモンが活発になることで皮脂の分泌が増えると、ニキビができやすい状態になってしまいます。

ファボワールは他のピルに比べて、服用すると男性ホルモンの作用が抑制される働きを持った黄体ホルモンを含んでいます。それによって皮脂の分泌を抑えられて、ニキビの改善に繋がるのです。

ただし、ニキビはホルモンバランスだけではなく、乾燥やターンオーバーの乱れからできる事もあります。

ファボワールの服用を継続していてもニキビの改善の兆しが見えない時は、別の要因が隠れているかもしれません。まずはバランスの良い食生活やスキンケアの見直しなど、できることから始めてみましょう。

■ファボワールのメリット・デメリット

ここではファボワールを服用するにあたって、おさえておきたいメリットとデメリットを紹介していきます。

ファボワールのメリット:ジェネリック医薬品なので安価

先述の通り、ファボワールはマーベロンのジェネリック医薬品となります。ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間の終了後に、同じ有効成分を使って開発した医薬品となります。先発医薬品と同じ効果があるにもかかわらず、研究開発費がかからないため、比較的安価に手に入れることができます。

ファボワールのデメリット:副作用のリスクが少なからずある

ファボワールに限らずですが、低用量ピルを服用することで副作用が起こる事があります。下記の症状などが挙げられます。

 

・不正出血

・頭痛

・乳房の張り

・吐き気

・不安感

・イライラ

・倦怠感

・むくみ

・眠気

・血栓症 など

 

副作用は服用直後に感じることが多いですが、服用を継続していくうちに治ってくることがほとんどです。副作用が辛い場合は無理せずに医療機関を受診しましょう。副作用緩和薬を処方してもらえることもあります。

副作用が出始めてから2〜3ヶ月経過しても症状が改善されない場合は、ピルの種類が自分の体にあっていない可能性が高いです。ピルの種類を変更して服用することで、副作用が緩和されることもあるので、そういった事も視野に入れて医師に相談してみましょう。

ファボワールを飲むと太るのか?

ピルを服用して太るということはありません。個人差はありますが、ピルの副作用として起きるむくみの影響や、ホルモンによる食欲増進作用によって体重増加に繋がることは考えられるでしょう。

そうはいっても低用量ピルに含まれるホルモン量は少ないです。飲み続けることで体内のホルモンバランスが整ってくるので、自然と今までの状態に戻ります。

低用量ピルの服用を始めてからどうしても太りたくない方は、食生活の改善、また適度な運動やマッサージなどでむくみ対策をするのも効果的です。身近にできることから意識して取り組んでみましょう。あまりにむくみが酷い場合は医療機関を受診し、むくみ緩和薬を処方してもらうのも手段の一つです。

■ファボワールの種類ごとの服用方法

ファボワールは錠剤の数の違いによって2種類あります。それぞれの飲み方について詳しく紹介していきます。

ファボワール21の服用方法

生理開始日から5日以内に服用を開始してください。1日1錠を毎日一定の時刻に21錠分連続で服用します。その後7日間の休薬期間を設けます。通常であれば休薬期間中に生理が始まります。休薬期間が終わったらまた1錠目から21錠連続で服用してください。次のシートの服用開始を忘れないように、しっかり管理しておくことが大切です。

ファボワール28の服用方法

ファボワール21と同様に、生理開始日から5日以内に服用を開始し、毎日1錠服用します。まずは白色の錠剤を21日間連続で服用します。続けて緑色の錠剤も7日間服用します。ファボワール21と違って休薬期間は設けないので、緑色の錠剤の7錠目が服用終了したら次のシートを服用開始します。通常、緑の錠剤の服用期間に生理が始まります。

ファボワールを飲み忘れてしまった場合

翌日までに気付いた場合は、気付いた時点ですぐに1錠服用してください。そのあと普段通りの時間に1錠 内服しましょう。普段通りの時間に昨日の飲み忘れに気づいた場合は、2錠まとめて飲んでください。

1日2錠までしか飲めないので、3錠以上飲まないように気を付けましょう。

2日以上連続して飲み忘れがあった場合は、生理が始まる可能性が高いです。服用を中止して、次の生理が始まったら新しいシートで服用を再開しましょう。

 

<産婦人科専門医・がん治療認定医  郡 詩織医師監修>

■ファボワールはメデリピルで賢く利用しませんか?

ピルを服用したいと考えている人の中には、「どうやって処方したもらったらいいの?」「どうやって服用するの?」と不安に感じる方もまだ多いかもしれません。そこでおすすめなのが、オンラインのピル処方サービス「メデリピル」です。

メデリピルはオンライン上で医師の診療を受けられ、処方されたピルが自宅まで届くサービスです。予約からピルの配送手配まですべてスマホで完結するため、かかりつけ医のいない方や忙しい方でも安心してご利用いただけます。

ピルの処方決定後は最短翌日に自宅まで発送されます。さらにポスト投函なので手元に届くまで時間がかかることもありません。初月分到着後も定期便で発送されるため何度も注文する必要がなく、お届け日も契約プランページから簡単に変更できます。

毎月受け取るのが面倒な場合は、おまとめプランに変更することで受け取りを最大半年に1回まで減らすことができます。ピルの1シートあたりの金額も安くなるので、お得に賢く利用することができるでしょう。6ヶ月に1回と3ヶ月に1回のお届けコースもご用意しています。

mederiはオンラインでも医師の診療が可能

ピルの処方には医師の診療が必須です。メデリでは2種類の方法で診療を受けることができます。診療予約はLINEから簡単に取ることができます。

診療はスマートフォン、PC、タブレット端末を通じ、テレビ電話(FaceTime、Google Meet)にて現役産婦人科医による診療が行われます。音声電話での診療もできるので、カメラがオンにできない環境でも大丈夫です。

診療を受ける前に事前問診への回答を求められるので、1から全て話す必要がなく、スムーズに診療を進めることができます。

営業時間は10時〜23時までと幅広く、仕事終わりや土日の隙間時間にサクッと診療を受けることができるのも嬉しいポイントですよね。

■まとめ

ファボワールについて、ご理解いただけましたでしょうか?毎月の生理に悩まされていた方も、低用量ピルを取り入れることで、快適に生理期間を過ごせるようになるかもしれませんね。手軽なオンライン診療を利用すれば、忙しい合間に医師の診療を受ける事が可能になります。

ホルモンバランスの乱れによるニキビや生理痛に悩まれている方は、ぜひ1度ピルの服用を検討してみてはいかがでしょうか?


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

オンラインでピルの診療・処方・相談|メデリピル>ピルについて学ぶ>ファボワールはジェネリックピル/気になる効果や服用方法を解決|メデリピル