メデリピル

低用量ピルは太る?不妊になる?気になる噂のウソ・ホント

低用量ピルは高い避妊効果や生理トラブルの改善が期待できるお薬です。しかし、「太る」「将来、不妊になる」などのウワサを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。この記事では、ピルの噂と共に、妊娠についての噂の真偽も解説していきます。

ピルについての噂

○低用量ピルで太る?

低用量ピルと体重の増加は関係ないといわれています。過去に使われていたホルモン量の多いピルは、副作用により太ると言われていましたが、現在はホルモン量が少ない低用量ピルが主流となっています。また英国の「コクラン・レビュー」によると低用量ピルと体重増加との因果関係は立証されていません。

低用量ピルを飲むと太ると言われるのには、下記の理由が挙げられます。

 

・保水作用によるむくみ 

ピル服用初期の副作用であるむくみにより太ったと感じる場合があります。副作用によってむくみが生じている場合、1ヶ月から3ヶ月ほど服用することで副作用は治まってくるケースが一般的です。

・食欲亢進による食べすぎ

レボノルゲストレル(黄体ホルモンの1つ)の作用である食欲亢進による「食べすぎ」により体重が増加することがあります。しかし、服用開始から1〜2ヶ月程度すれば食欲亢進はほとんど落ち着いてきます。服用を始めたてのときは食欲が増しても食べ過ぎないように注意しましょう。

○将来、不妊になる?

ピルの服用が不妊に関係することはありません。また、ピルにより排卵を抑えることで卵巣の傷つく回数を減らすことができ、また、子宮内膜症の予防や治療につながることで、不妊のリスクの軽減にもなります。

※卵子の数が減らないというわけではありません

○効果が出ても飲み続ける?

低用量ピルは服用停止すれば元の状態に戻ってしまうので、1日1錠、継続的に服用する必要があります。妊娠を望むまでは服用継続することを推奨いたします。

○ピルを飲んでいればコンドームは不要?

ピルを飲むことによって避妊効果を得ることはできますが、性感染症を防ぐ効果はありませんので、コンドームの着用を推奨いたします。性感染症にかかり放置してしてしまうと腹膜炎を起こしたり、不妊の原因になることもあり、早期発見・早期治療が重要になります。

しかし無症状で経過することがほとんどのため、感染に気づけないことが多いため、コンドームなしでの性行為が思いあたる場合は性病検査を受けていただくことを推奨いたします。

妊娠についての噂

○安全日であれば避妊しなくてもOK?

生理周期の中で比較的妊娠しにくいタイミングのことを 「安全日」と呼ぶ場合もありますが、妊娠の可能性がないわけではありません。どのタイミングであっても必ず避妊を行いましょう。

○性行為後に膣内を洗えば避妊効果が得られる?

性行為の後、シャワーやウォシュレットなどで膣内を洗えば避妊ができるという噂もありますが、これは誤りです。シャワーの水圧で膣を傷つけてしまうこともあります。

避妊に失敗したら、すぐに産婦人科医に相談し、アフターピルを服用をしていただくことを推奨いたします。

正しい情報を判断し、安心してピルを服用しましょう

低用量ピルには、様々な種類・効果・副作用などがあります。服用する際は、正しい情報を知ることが大切です。不安な場合は、産婦人科の医師に相談し、安心して服用できるようにしましょう。

 


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>低用量ピルは太る?不妊になる?気になる噂のウソ・ホント