メデリピル

ピルの効果を最大限に得たい!正しい服用方法をチェック

低用量ピルは、生理トラブルの改善や継続的な避妊目的などに用いられるお薬です。その効果を得るためには、正しい飲み方をすることが大切です。しかし、どのように服用するのが正しいのか、今の飲み方は合っているのか、不安ですよね。

この記事では、正しい飲み方に加えて、服用する際の注意点をご紹介します。

低用量ピルの正しい飲み方

低用量ピルは1日1錠、毎日同じ時間に服用します。

ピルには1シート21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは毎日1錠ずつ服用し、1シート分飲み終わったら7日間服用を休んでから新しい2シート目を飲み始めます。28錠タイプは、最後の7錠(プラセボ期間)が有効成分が入っていない偽薬となっており、その期間に生理が始まります。

なぜ毎日同じ時間に飲むの?

飲む時間がバラバラであったり、飲み忘れが大きくずれると効果が弱まったり、不正出血の原因にもなります。きちんと毎日同じ時間に服用することが重要です。

服用開始のタイミングは?

低用量ピルを初めて飲む場合、原則として妊娠の可能性がないとわかるタイミングである生理開始日〜5日以内に飲み始めてください。その他のタイミングで飲み始めた場合は、連続して7日間飲むまでは、コンドームなど別の避妊法を併用しましょう。

飲み忘れるとどんな影響がある?

飲み忘れの日数が多くなるほど、生理以外の不正出血を起こす可能性が高くなります。また、飲み忘れた時期によっては、避妊効果に影響し、アフターピル(緊急避妊薬)の内服が必要になることもあります。飲み忘れはしないようにしましょう。

飲み忘れた場合の対処法/避妊効果はこちらをチェック

飲み忘れないためのコツ

○毎日決まった時間にスマホでアラームを設定しておく

○就寝前、起床後、昼食前などライフスタイルに合わせて服用する

○バッグにいれて常に持ち歩く

併用ができないお薬は?

精神状態を安定させるために使われる「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)」は、ピルの避妊効果を下げてしまいますので、併用不可となります。ストレス解消のためのサプリメントだけなく、ダイエット飲料などにも含まれていることもありますので、ご注意ください。

効果が出たら服用を止めていい?

低用量ピルは服用停止すれば元の状態に戻ってしまいます。そのため、効果が出た後も、1日1錠、継続的に服用する必要があります。妊娠を望むまでは服用継続することを推奨いたします。

正しい飲み方で最大限の効果を

低用量ピルの効果を最大限に得て、快適な日常生活を送るためにも、1日1錠、毎日同じ時間に服用することが大切です。もし、飲み忘れた場合は、避妊効果も影響するため、正しい対処法を行いましょう。

 


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>ピルの効果を最大限に得たい!正しい服用方法をチェック