メデリピル

ピルの休薬期間とは?休薬期間中に生理がこないときの対応

低用量ピルの服薬中には休薬期間を設ける必要があります。休薬期間とは、言葉のとおりピルを飲まない期間です。この記事では、低用量ピルの休薬期間の基礎知識や休薬期間中の避妊効果について解説します。

低用量ピルの休薬期間は7日間

生理開始日から5日以内服用を開始する方法で21錠タイプと28錠タイプがあります。

 

○21錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルがパックされています。毎日1錠ずつ服用し、1シート分飲み終わったら7日間服用を休んでから新しい2シート目を飲み始めます。7日間の休薬期間中消退出血が起こります。この期間中は卵胞が発育し始めており、次のシートの飲み始めを忘れると妊娠する可能性があるため注意しましょう。

 

○28錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルと、7錠のプラセボがパックされています。プラセボは飲み忘れを防ぐためのもので、実際は休薬状態であるため服薬期間中に消退出血が起こります。プラセボは薬の成分が入っていない偽薬のことです。この偽薬を休薬期間中に毎日服用し続けることで習慣化できます。初めてピルを飲み始める方や飲み忘れが不安な方は、28錠タイプがおすすめです。

 

生理がくるタイミング

個人差がありますが、消退出血は休薬期間(偽薬服用期間)に入ってから2〜3日で起こります。

休薬期間中(偽薬服用期間)に消退出血が起こるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が減少することにより子宮内膜が剥がれ落ちることが原因です。自然の生理と同じしくみで起こるので問題はありません。

 

低用量ピルの休薬期間中の避妊効果

低用量ピルは正しく続けて使用していれば休薬期間中でも避妊効果が持続します。ピルを服用していると卵巣の活動が休止して卵胞が育たなくなります。休薬期間中でも卵胞が育ちきっていない状態で排卵が起こることはありません。7日間の休薬期間で急に卵胞が育って排卵することはないので安心してください。

 

ただし、休薬期間中は卵巣が活動を再開して卵子の元とである卵胞を育て始めます。休薬期間明けに新しいシートのピルを服用することで卵巣の活動が休止し、卵胞の成長が止まるので排卵はされません。避妊効果を維持するためには、休薬期間明けにきちんとピルの服用を再開し、その後もピルを正しく使用し続けることが大切です。

 

低用量ピルの休薬期間に生理がこない原因

低用量ピルの服薬中、通常は休薬期間中に消退出血が起こりますが、まれに起きない場合があります。ピルの休薬期間中に消退出血が起こらない原因については以下が考えれます。

 

妊娠している場合

低用量ピルの服用中であっても、ごくまれに妊娠している可能性も考えられます。低用量ピルの服用中に妊娠する主な原因は、飲み忘れです。きちんと服用している場合には99.7%の避妊効果が得られると言われていますが、飲み忘れがあると数パーセント程度避妊効果が下がってしまいます。

※一般的なデータであり効果を保証するものではありません

出典:Hatcher, RA et al.:Contraceptive Technology:Twentieth Revised Edition, NewYork:Ardent Media, 2011

 

休薬期間を設けていない

 

低用量ピルには、服用期間1周期28日間に、7日間の休薬(偽薬)期間があります。つまり、休薬期間を設けることで生理がくる仕組みになっています。休薬期間を無視してピルを飲み続けていると、予期せぬ破綻出血が起きたり、ピルの服用をやめても生理が来なくなったりすることがあります。

 

低用量ピルの休薬期間中に体調不良が起こる原因

低用量ピルの休薬期間中に「しんどい」「情緒不安定になる」という声もあります。

ピルの休薬期間中に体調不良が起こるのは主に以下のような原因が考えられます。

 

○ホルモンの急変動

ピルの休薬期間中は、自分自身のホルモンが急激に増加することに伴い、自律神経のバランスが乱れやすくなって頭痛や情緒不安定などの不調が起こることがあります。1~3カ月様子を見て、症状が続くようなら医師に相談しましょう。

 

低用量ピルの休薬期間明けに飲み忘れたときの対応

低用量ピルの飲み忘れは休薬期間明けに起きやすく、服用習慣がついている方でも珍しくないことです。低用量ピルの休薬期間前後に飲み忘れがあった場合、服用を再開してから7日間連続で服用するまでの間は避妊効果が低下するリスクがあります。

飲み忘れた後の対応に関しては、何日分にわたって飲み忘れたかで取るべき対応は異なるため注意が必要です。自己判断で複数錠まとめて飲むことは避けて、適切な用法で服用しましょう。

 

【休薬期間明けに飲み忘れたときの対応】

飲み忘れた日数(錠数) 対応
1日分(1錠) ・気づいた時点で飲み忘れた錠剤を服用
・残りの錠剤は予定どおりに服用
2日分以上(2錠以上) ・気づいた時点で飲み忘れた錠剤を服用
・残りの錠剤は予定どおりに服用
※2錠連続して飲み忘れた場合も同じ服用方法ですが、7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか、性交を避けるようにします
※1日3錠以上は服用されないようにご注意ください

 

 

Day1スタートピルの28錠タイプにセットされているプラセボは偽薬で薬の成分が入っていないため、飲み忘れても問題ありません

 

1日飲み忘れた場合

日本産科婦人科学会/日本女性医学学会の『低用量経口避妊薬,低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬ガイドライン2020年度版』によると、低用量ピルを1日飲み忘れた場合、基本的には気づいた時点で1錠を服用して問題ありません。飲み忘れに気づいたタイミングが翌日の服用時刻前であればすぐに1錠服用し、翌日分も通常どおりのタイミングで服用します。

翌日の服用時刻になって飲み忘れに気づいた場合、前日分と合わせて2錠まとめて服用します。1日に2錠服用しても重大な副作用が起こったという報告はありません。なお、低用量ピル2錠分に含まれているエストロゲン量は中用量ピル1錠分と同量程度とされています。プラセボは偽薬で薬の成分が入っていないため、飲み忘れても問題ありません。

 

2日以上飲み忘れた場合

2日以上の飲み忘れに気づいた場合も同様の飲み方となり、基本的には気づいた時点で前日分の1錠を服用して問題ありません。飲み忘れに気づいたタイミングが服用時刻前であればすぐに1錠服用し、服用時刻にも通常どおり服用します。

服用している低用量ピルの種類、飲み忘れのタイミングなどによって適切な対応は異なる場合があります。2日以上の飲み忘れが判明した場合、服用方法に関して処方を受けたクリニックに相談しましょう。

また、休薬期間明けのタイミングで、2日以上飲み忘れがあった場合は避妊効果が低下するリスクがあります。休薬期間に卵巣は活動するようになり、1週目の飲み忘れで休薬期間が7日を超える場合は、排卵が起きることがあります。

基本的な避妊対策としては、飲み忘れが判明してから低用量ピルを7錠分以上連続で服用するまでは避妊具を使用する、もしくは性交渉自体を避けるなどが挙げられます。飲み忘れの直前5日以内に性交渉があった場合、緊急避妊薬(アフターピル)の服用を検討しましょう。

 

低用量ピルは休薬期間を正しく作って服用を

ここまで、低用量ピルの休薬期間について解説しました。卵巣・子宮の健康状態を維持し、妊娠の有無を確認するためにも休薬期間を設ける必要があります。

休薬期間中に万が一、消退出血が起こらないときは慌てずに妊娠検査薬で妊娠の有無を確認し、陰性であっても妊娠初期の症状がある場合や心身の不調を感じる場合は医師に相談しましょう。

 

 


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>ピルの休薬期間とは?休薬期間中に生理がこないときの対応