メデリピル

低用量ピルの正しい飲み方|飲み始めのタイミングや飲み忘れたときの対応

低用量ピルは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンの成分を合わせてできた錠剤です。正しく飲むことで継続的な効果を得られます。服用開始する場合、開始時期や飲み忘れに気づいたときの対応を把握しておくことが大切です。
この記事では、低用量ピルの正しい飲み方や、飲み忘れたときの対応、生理日を一時的に移動させるピルの飲み方についてご紹介します。

低用量ピルの正しい飲み方

低用量ピルは1日1錠、毎日同じ時間に服用するお薬です。ピルには1シート21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは毎日1錠ずつ服用し、1シート分飲み終わったら7日間服用を休んでから新しい2シート目を飲み始めます。28錠タイプは、最後の7錠(プラセボ期間)が有効成分が入っていない偽薬となっており、その期間に生理が始まります。

低用量ピルはいつから飲み始めるか
低用量ピルを初めて飲む場合、原則として妊娠の可能性がないとわかるタイミングである生理開始日〜5日以内に飲み始めてください。その他のタイミングで飲み始めた場合は、連続して7日間飲むまでは、コンドームなど別の避妊法を併用しましょう。

種類 飲み始めのタイミング
Day1スタートピル 生理開始日の5日以内
Sundayスタートピル 生理開始後の最初の日曜日

Day1スタートピル

Day1スタートピルとは、生理開始日から5日以内服用を開始する方法で21錠タイプと28錠タイプがあります。

●21錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルがパックされています。毎日1錠ずつ服用し、1シート分飲み終わったら7日間服用を休んでから新しい2シート目を飲み始めます。7日間の休薬期間中消退出血が起こります。この期間中は卵胞が発育し始めており、次のシートの飲み始めを忘れると妊娠する可能性があるため注意しましょう。


●28錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルと、7錠のプラセボがパックされています。プラセボは飲み忘れを防ぐためのもので、実際は休状態であるため服薬期間中に消退出血が起こります。プラセボは薬の成分が入っていない偽薬のことです。この偽薬を休薬期間中に毎日服用し続けることで習慣化できます。

Sundayスタートピル

日曜日から低用量ピルを飲み始める方法です。消退出血は基本的に4週目の月曜日頃に始まり金曜日までに終わります。この特徴から、週末に予定を入れたい方に向いている方法です。Sundayスタートピルの服用ルールは以下のとおりです。

●1シート目は生理開始後の初めての日曜日から服用開始します。
月曜日から土曜日の間に生理が来た場合は、次の日曜日から服用開始します。
日曜日に生理が来た場合は、その日から服用開始可能です。

低用量ピルを飲む時間の決め方

低用量ピルは1日1錠、毎日決まった時間に服用することが正しい用法です。飲む時間が定まっていないと、飲み忘れや服用時間が大きくずれるリスクが高まり、これにより避妊効果が弱まったり、不正出血の原因になります。
服用を習慣づける方法として、自身の生活習慣に合わせて服用時刻を決めることをおすすめします。例えば毎食後や歯磨き後、就寝前など何らかの生活習慣とピルの服用を関連付けておくようにすると、飲み忘れを防ぎやすくなります。服用時刻に合わせてスマートフォンのアラームを設定したり、壁掛け型の服薬ケースを目に付きやすい場所に掛けておいたりすることも有効な方法です。
ピルの副作用による影響を抑えたい方は、夕食後又は就寝前に服用することを習慣づけてみましょう。ピルは飲み始めてから数日間は頭痛、倦怠感、むくみなどの副作用が起きる場合があります。就寝中に副作用が起きやすいタイミングが過ぎるように調整することで、活動時間中に副作用が起きるリスクを低減できるとされています。

 

低用量ピルを飲み忘れたときの対応

低用量ピルは、毎日1錠、決まった時間に内服する薬です。しかし、万が一飲み忘れてしまった場合は速やかに以下の対応をとってください。

飲み忘れた日数(錠数) 対応
1日分(1錠) ・気づいた時点で飲み忘れた錠剤を服用
・残りの錠剤は予定どおりに服用
2日分以上(2錠以上) ・気づいた時点で飲み忘れた錠剤を服用
・残りの錠剤は予定どおりに服用
※2錠連続して飲み忘れた場合も同じ服用方法ですが、7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか、性交を避けるようにします
※1日3錠以上は服用されないようにご注意ください

なお、ピルを22日目〜28日目に飲み忘れた場合は休薬期間中なのでとくに問題ありません。飲み忘れに気づいた時点で残っているプラセボがある場合は廃棄し、28日目までの休薬期間が明けたら次のシートに移りましょう。

1日分(1錠)
日本産科婦人科学会/日本女性医学学会の『低用量経口避妊薬,低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬ガイドライン2020年度版』によると、低用量ピルを1日飲み忘れた場合、基本的には気づいた時点で1錠を服用して問題ありません。飲み忘れに気づいたタイミングが翌日の服用時刻前であればすぐに1錠服用し、翌日分も通常どおりのタイミングで服用します。
翌日の服用時刻になって飲み忘れに気づいた場合、前日分と合わせて2錠まとめて服用します。1日に2錠服用しても重大な副作用が起こったという報告はありません。なお、低用量ピル2錠分に含まれているエストロゲン量は中用量ピル1錠分と同量程度とされています。プラセボは偽薬で薬の成分が入っていないため、飲み忘れても問題ありません。


2日分(2錠以上)
2日以上の飲み忘れに気づいた場合も同様の飲み方となり、基本的には気づいた時点で前日分の1錠を服用して問題ありません。飲み忘れに気づいたタイミングが服用時刻前であればすぐに1錠服用し、服用時刻にも通常どおり服用します。
服用している低用量ピルの種類、飲み忘れのタイミングなどによって適切な対応は異なる場合があります。2日以上の飲み忘れが判明した場合、服用方法に関して処方を受けたクリニックに相談しましょう。
また、飲み忘れた場合、避妊効果への一時的な影響があります。WHOによる「OCの飲み忘れに関する指導」によると、飲み忘れが1〜2日分の場合は、気づいた時点で直ちに服用するように医師が指導しても問題ないとされています。
飲み忘れが3日以上ある場合は、飲み始めから何週目に判明したかによって推奨される対応が変わってきます。一般的なケースとして、飲み忘れのタイミングが1週目、2週目、3週目の場合における避妊効果への影響をタイミング別に解説します。

 

●1週目の場合
1週目は休薬期間明けのタイミングなので、2日以上飲み忘れがあった場合は避妊効果が低下するリスクがあります。休薬期間に卵巣は活動するようになり、1週目の飲み忘れで休薬期間が7日を超える場合は、排卵が起きることがあります。

基本的な避妊対策としては、飲み忘れが判明してから低用量ピルを7錠分以上連続で服用するまでは避妊具を使用する、もしくは性交渉自体を避けるなどが挙げられます。飲み忘れの直前5日以内に性交渉があった場合、緊急避妊薬(アフターピル)の服用を検討しましょう。

●2週目の場合
直前1週間、7錠分の低用量ピルを正しく服用していればアフターピルは必要ないとされています。低用量ピルを7錠分正しく服用している状態であれば、卵巣の活動が適切な形で抑制されていると判断するのが一般的です。つまり、2週目に飲み忘れがあったとしても、直ちに避妊効果への影響が生じるわけではありません。

基本的には直近に服用する予定だった1錠分を早めに服用しましょう。残りの錠剤は通常どおりの用法で問題ありません。ただし、飲み忘れの直前から低用量ピルを1週間継続して服用していない場合、十分な避妊効果が見込めない可能性があります。必要に応じて他の避妊対策を検討するようにしましょう。

●3週目の場合
休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したら次のシートに移って問題ないとされています。基本的には1周期当たり7日間の休薬期間が必要ですが、3週目の飲み忘れは例外的に休薬期間を設けません。この飲み方によって、避妊効果への影響を抑える効果が見込めます。

 

生理日を一時的に移動させるピルの飲み方

低用量ピルの服用で、「生理日を遅らせる」「生理日を早める」ことが可能になります。つまり、大事な予定が入っている日が生理にならないように、調整することができます。
ちなみに、生理日を遅らせる/早める日数の目安は、最大2週間程度の移動を推奨しています。

※移動の日数が長いと失敗する可能性は高くなります
※確実に生理日を移動させたい場合は中用量ピルの利用を推奨いたします

生理日を遅らせる飲み方
低用量ピルを継続的に飲んでいる場合は、生理日を1週間程度後倒しにすることが可能です。21錠目まで服用後、すぐに22錠目以降の偽薬期間にうつらずに、新しいシート(※1)を生理が来てほしくない日まで服用します。生理が来てほしくない日まで服用したら、偽薬期間を7日間設けて、残っているシート(※2)または新しいシートを飲んでください。

※1相性の場合新しいシートの一錠目から、三相性の場合は(シンフェーズ除く)新しいシートの12錠目の黄色の錠剤から飲んでください
※2 先に飲んだ分、次月の生理が早めにきてしまうので周期をずらしたくない場合は、新しいシートを服用開始してください
※偽薬(プラセボ)とは…成分を含んでいない錠剤、28錠タイプ場合22〜28錠が偽薬服用期間に当たります

生理日を早まらせる飲み方
低用量ピルを継続的に飲んでいる場合は、生理日を1週間程度前倒しにすることが可能です。服用中に早めたい日数分の実薬をスキップし、偽薬を服用開始いただければ、スキップした分前倒しで生理が来ます。

低用量ピルは自分に合った飲み方を選べる
低用量ピルの効果を充分に得るには、正しい用法・用量で継続的に服用する必要があります。飲み忘れると適切な効用を得られない場合があるので、毎日服用するように習慣付けることが重要です。ピルの飲み方について疑問や不明点などがある場合、産婦人科医に相談しましょう。

<成城松村クリニック 松村院長監修>

 

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。
医師の診療時に処方された場合、最低2シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、2回目受け取りまでは休止/解約は不可となります

もっと詳しく>https://mederi.jp/

 

■メデリピルの5つのこだわり

①1ヶ月無料のお試し期間
ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、低用量ピルは初月無料でお届けします。
医師の診療時に処方された場合、最低2シートは服用いただいた上でご自身に合っているか判断していただきたいため、2回目受け取りまでは休止/解約は不可となります
※2ヶ月目以降は、2,970円(税込)〜 / 月

②診療担当するのは現役の産婦人科医
専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

③何度でも診療・再診無料
服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

④予約から診療までLINEで簡単
診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

⑤正しい知識をお届け
ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※mederi Pillは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>低用量ピルの正しい飲み方|飲み始めのタイミングや飲み忘れたときの対応