メデリピル

低用量ピルの避妊効果|避妊率の高さ・効果なしと言われる理由とは

低用量ピルとは、女性ホルモンを組み合わせて作られた錠剤で、高い避妊効果がある薬です。

その避妊効果の高さから、WHO(世界保健機関)も若い世代の避妊法として推奨しています。しかし、飲み忘れや間違った服用方法により、避妊効果が落ちてしまうこともあるので、低用量ピルの正しい知識を身に付けて、確実な避妊を実践しましょう。

低用量ピルの避妊効果は99.7%

低用量ピルは、1日1錠正しく服用することで99.7%(※)の避妊効果があると言われています。低用量ピルを含む各種避妊方法の避妊率は以下のとおりです。

※一般的なデータであり効果を保証するものではありません

 

避妊方法 正しく続けて使用している場合の避妊率 飲み忘れを含め一般的に使用した場合の避妊率
低用量ピル 99.7% 92%
アフターピル 24時間以内:99%
48時間以内:98%
72時間以内:97%
コンドーム 98% 85%
ミレーナ 99.8%
殺精子剤 82% 71%
リズム法 91~99% 75%
女性避妊手術 99.5% 99.5%
男性避妊手術 99.9% 99.85%
避妊なし 15% 15%

参考:日本産科婦人科学会

※一般的なデータであり効果を保証するものではありません

 

【低用量ピルの正しい使い方】

・生理開始日から5日以内から服用開始する

毎日一定の時刻に1日1錠服用する

 

【低用量ピルの正しくない使い方】

飲み忘れ

・通販や海外からの個人輸入による購入

 

低用量ピルは効果がない?と言われる理由

低用量ピルが「効果がない」と言われるのは、正しい使い方を実践できていないためです。低用量ピルは生理開始日から5日以内に服用開始し、毎日一定の時刻に1錠服用しなければなりません。飲み忘れや一時的な服用など正しくない使用方法をすれば、十分な避妊効果が得られないので注意です。

なお、同じく「ピル」という名称がつくアフターピルは服用のタイミングが異なります。低用量ピルは毎日継続して服用するのに対し、アフターピルは妊娠の可能性がある性交渉の後に一時的に使用する薬です。排卵・着床を阻害する作用があり、避妊失敗の性交渉から24~48時間以内、遅くても72時間以内の服用で妊娠を高い確率で防げます。

低用量ピルだけでも避妊効果は高いですが、さらに避妊効果が高いのはコンドームとの併用です。コンドームはポピュラーな避妊方法であり、正しく使用すれば98%(※)の確率で妊娠を防げます(破損や劣化、または使用中に外れてしまうといった物理的な問題が発生する場合を含めると避妊効果は約85%)。また、低用量ピルでは性感染症までは防げませんが、コンドームを併用することで性感染症予防も可能です。避妊効果を高めると同時に性感染症を予防するためにも、低用量ピルとコンドームを併用しましょう。

※一般的なデータであり効果を保証するものではありません

低用量ピルとアフターピルの併用による避妊効果

低用量ピルとアフターピルは併用しても問題ありませんが、低用量ピルだけで避妊効果があるため避妊効果は変わらないと考えられます。ただし、低用量ピルを飲み忘れて「ゴムなしで性行為をしてしまった」「膣内に精子を出す性行為をしてしまった」場合では、併用が有効です。

アフターピルを服用した後に低用量ピルを飲み始める場合は、アフターピルを服用した翌日からか、または出血が起こるのを待ってから低用量ピルを開始することができますアフターピルの避妊効果をより高めるには、アフターピルを服用した翌日から低用量ピルを始めることをお勧めします。出血を待ってから飲み始める場合、普段の生理とほぼ同様の出血量であれば、出血開始3日目から、低用量ピルを服用開始します。出血の量が少ない場合や、アフターピル服用後3週間経っても出血が起こらない場合は、妊娠している可能性があるので妊娠検査をおすすめします。

 

低用量ピルの種類

低用量ピルには大きく分けて以下の2種類があります。

 

種類 避妊効果 保険適用 使用目的
OC(低用量経口避妊薬) 避妊
LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬) 月経困難症や子宮内膜症の治療

 

表のとおり、いずれも避妊効果がありますが、主にOC(低用量経口避妊薬)は避妊や生理痛、生理不順やPMS症状の緩和目的で利用されています。保険適用外で自由診療のため、診療代及び薬代は病院・クリニックそれぞれですが、オンラインピル診療だと診療代0円〜3,000円程度、代3,000円程度のところが多いです。

一方で、LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)は月経困難症や子宮内膜症の治療を目的としています。治療を目的としていることから保険が適用されますが、診療代は初診850円、再診370円程度、代は1,000〜2,500円程度で自己負担額3割負担の場合)、トータルでLEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)の方が安い場合もあります。

ここからは両者のピルについて詳しく見ていきましょう。まずはOC(低用量経口避妊薬)ですが、現在日本では以下の種類が処方されています。「21」と「28」の違いについては後に詳しく解説します。

○トリキュラー21/トリキュラー28

○マーベロン21/マーベロン28

○アンジュ21/アンジュ28

○シンフェーズ

○ラベルフィーユ21/ラベルフィーユ28

○ファボワール21/ファボワール28

開発順や特徴は以下の表のとおりです。

 

開発順 特徴
第一世代ピル
・シンフェーズ
出血量や月経困難症の軽減効果が期待でき、子宮内膜症の治療効果も高いとされています。若干、不正出血の頻度が高い傾向にあります。
第二世代ピル
・トリキュラー
・アンジュ
・ラベルフィーユ
不正出血が起こりにくく、安定した周期を作りやすくなっています。
第三世代
・マーベロン
・ファボワール
男性ホルモン(アンドロゲン)作用抑制効果が高く、大人にきびの治療や多毛症の改善も期待できます。ただし、長期の服用によって抑うつ状態や性欲低下を訴える方もいます。

 

各世代ピルはいずれもメリット・デメリットがあります。そのため、まずは3シート程度服用して、自分に合うか試してみましょう。合わない場合は服用を中止し、医師と相談のうえで他の種類を検討しましょう。一方、LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)の種類は以下のとおりです。

 

○ルナベルLD、ルナベルULD

成分としては第一世代ピルに該当し、子宮内膜症及び月経困難症改善目的で使用します。経血量の軽減に他のピルよりも効果が期待できます

○フリウェル配合錠LD、フリウェル配合錠ULD

ルナベルのジェネリック医薬品で、月経困難症の改善を目的としたピルです。先発医薬品と同等の原薬・添加物・製造方法で作られた後発医薬品のため、薬剤費を抑えたい方も安心して使用できます。

○ヤーズ

黄体ホルモンの成分がDRSP(ドロスピレノン)という新しいタイプで、第四世代ピルとも呼ばれています。子宮内膜症及び月経困難症改善を目的としつつも、利尿作用を持つことでむくみにくいピルとなっています。

○ヤーズフレックス

国内で初めて連続服薬が可能となったLEP製剤で定期的な休薬期間がないため、休薬期間に起こり得る骨盤痛や頭痛、腹部膨満感、乳房痛などのホルモン関連症状を軽減できます。生理も自由にコントロールできる点も嬉しいポイントです。

 

低用量ピルの服用タイミング

低用量ピルを初めて飲む場合、妊娠の可能性がなければいつでも飲み始めることができますが、原則として、妊娠の可能性がないとわかったタイミングである生理の初日〜5日以内に飲み始めます。その他のタイミングで飲み始めた場合は、連続して7日間飲むまでは、コンドームなど別の避妊法を併用しましょう。

いずれのタイミングで服用を開始したとしても、毎日ほぼ一定の時間に服用することが大切です。

時間帯はいつでもかまいませんが、就寝前・起床時・昼食後など忘れにくい時間帯に決めましょう。夕食後や寝る前のタイミングでの低用量ピル服用は、夜寝ている間に副作用のピークが過ぎるので、吐き気、嘔吐、頭痛などの副作用が出にくいとされています。

低用量ピルは、生理開始日の5日以内から服用する「Day1スタートピル」と、生理開始後の最初の日曜日から服用を始める「Sundayスタートピル」の2種類から選べます。

 

種類 メリット デメリット
Day1スタートピル ・服用したその日から避妊効果を得られる
・開始日がわかりやすい
・服用開始のタイミングによっては週末に生理が来る可能性がある
・第2周期以降の開始日は生理初日ではなくなるため間違える可能性がある
Sundayスタートピル ・週末に生理が来ないようにできる
・開始日が日曜日に固定されるため間違えにくい
・服用開始日によっては、最初の1週間は避妊効果が発揮されないため他の避妊方法と併用する必要がある

 

いずれもメリット・デメリットはそこまで変わりませんが、週末にスポーツや旅行、デートなどの予定を入れたい方は「Sundayスタートピル」を選ぶと良いでしょう。

Day1スタートピル

生理開始日から5日以内服用を開始する方法で21錠タイプと28錠タイプがあります。

■21錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルがパックされています。毎日1錠ずつ服用し、1シート分飲み終わったら7日間服用を休んでから新しい2シート目を飲み始めます。7日間の休薬期間中消退出血が起こります。この期間中は卵胞が発育し始めており、次のシートの飲み始めを忘れると妊娠する可能性があるため注意しましょう。

■28錠タイプ

1つのシートに21錠の低用量ピルと、7錠のプラセボがパックされています。プラセボは飲み忘れを防ぐためのもので、実際は休状態であるため服薬期間中に消退出血が起こります。プラセボは薬の成分が入っていない偽薬のことです。この偽薬を休薬期間中に毎日服用し続けることで習慣化できます。

Day1スタートピルは、服用開始した日から避妊効果を得たい方や週末に生理が来ても気にしない方に向いているでしょう。初めてピルを飲み始める方や飲み忘れが不安な方は、28錠タイプがおすすめです。

Sundayスタートピル

日曜日から低用量ピルを飲み始める方法です。消退出血は基本的に4週目の月曜日頃に始まり金曜日までに終わります。この特徴から、週末に予定を入れたい方に向いている方法です。Sundayスタートピルの服用ルールは以下のとおりです。

○1シート目は生理開始後の初めての日曜日から服用開始します。

○月曜日から土曜日の間に生理が来た場合は、次の日曜日から服用開始します。

○日曜日に生理が来た場合は、その日から服用開始可能です。

低用量ピルを飲み忘れたときの対処法

マインダー機能を活用したり、飲んだ後にスケジュールアプリに記載したりするなどの工夫も必要でしょう。しかし、万が一飲み忘れてしまった場合は速やかに以下の対応をとってください。

○1飲み忘れた場合は、気が付いた時点で飲み忘れた錠剤を服用し、その日の分も通常どおりに服用しましょう。

○2連続して飲み忘れた場合も同じ服用方法です。※1日3錠以上は服用されないようにご注意ください

※Day1スタートピルの28錠タイプにセットされているプラセボは偽薬で薬の成分が入っていないため、飲み忘れても問題ありません。

なお、Sundayスタートピルの場合は、服用開始日によっては飲み始め1週目は避妊効果が得られません。そのため、最初の1週間は他の避妊方法と併用する必要がある点に留意してください。

低用量ピルの副作用

低用量ピルを服用することで、以下の副作用が出る可能性があります。

吐き気/胸の張り/不正出血/頭痛・下腹部痛/むくみなど

 

飲み始めは副作用が起こりやすいものの、個人差があり、2~3ヶ月服用し続けることで軽減されることがほとんどです。また、低用量ピルで太ることを心配される方もいますが、これは脂肪が増えているのではなく、飲み始めの副作用であるむくみが原因とされています。いつまで経っても副作用が軽減されない場合は医師に相談しましょう。

重大な副作用として、血栓症のリスクが挙げられます。しかしながら、低用量ピルを飲んでいない人は年間1万人に15人、一方で低用量ピルを服用されている方は1万人に3~9人と微増となり、頻度としてはごくまれです。また、診療時に、問診で血栓症のリスクを確認した上での処方となります。なお、血栓症のリスクを踏まえ、以下の方は低用量ピルの服用はできません。

○ 年齢が50歳以上である(※メデリピルでは46歳以上は処方不可)

○ BMIの値が30以上である

○ 高血圧(上の血圧160mmHg以上 / 下の血圧100mmHg以上のこと)と診断された

○ 35歳以上で1日あたり15本以上喫煙する

○ 「妊娠中」「妊娠の可能性がある」「授乳中」である

○ 過去1ヶ月以内に出産経験あり

○ 過去2週間以内に手術を受けた 、または今後1ヶ月以内に手術の予定がある

○ 前兆のある片頭痛がある

○ 低用量ピル・女性ホルモンでアレルギーが出たことがある

○ 乳がん、子宮体癌の疾患がある

○ 過去、妊娠中に「黄疸」「ヘルペス」「持続性掻痒症」と診断されたことがある

 

また、ピルには副作用が出る可能性がありますが、避妊効果だけでなく以下の効果が期待できます。

○生理痛やPMS症状が緩和される

○生理の周期が整う

○貧血が改善される

○ホルモンバランスが安定することで大人にきびが改善される

○卵巣ガンや子宮体ガンなどを予防する

気になる副作用がある方や現在服用中の薬がある方は医師に相談してください。

低用量ピルの避妊効果はほぼ100%

低用量ピルは正しい使用方法さえ守っていれば、99.7%(※)の確率で避妊効果を得られます。コンドームのように破損や脱落のような避妊失敗リスクがなく、避妊手術のように手術も必要ありません。妊娠を希望する場合は低用量ピルを中止すれば妊娠できる状態に戻ります。ただし低用量ピルは性感染症の予防はできないため、コンドームと併用するようにしましょう。

※一般的なデータであり効果を保証するものではありません

 

<成城松村クリニック 松村院長監修>

 

■メデリピルとは?

メデリピルは、いつでもスマホから簡単に受診できる、「誠実」と「続けやすい」を大事にしたオンラインピル診療サービスです。

初月ピル代無料、診療代はずっと無料。国内最安クラスで提供しています。

もっと詳しく>https://mederi.jp/

 

■メデリピルの5つのこだわり

①1ヶ月無料のお試し期間
ピル初心者の方でも安心して服用いただけるよう、初月無料でお届けします。
※低用量ピルが対象
※2ヶ月目以降は、2,970円(税込)〜 / 月

②診療担当するのは現役の産婦人科医
専門的な知識を持った現役産婦人科医が診療を担当をするので、生理やカラダに関する不安や疑問を安心して相談することができます。

③何度でも診療・再診無料
服用中の体調や副作用など、産婦人科の専門医にいつでも気軽にご相談ください。

④予約から診療までLINEで簡単
診療予約や、予約日・配送日やプラン変更など、LINE一つで行うことができます。

⑤正しい知識をお届け
ピルや女性のカラダに関する知識を定期的にお届けしています。

※mederi Pillは医療機関とユーザーを繋ぐプラットフォームです
※診療やピルの処方等は保険適用外・自由診療であり、医療機関に所属する医師が行います


メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>低用量ピルの避妊効果|避妊率の高さ・効果なしと言われる理由とは