mederi

低用量ピルの種類
それぞれどう違うの?

低用量ピルの種類、それぞれどう違うの?

低用量ピルには複数種類があり、それぞれホルモンの種類や特徴が異なっています。

既に低用量ピルを飲んでいる方も、これから飲む方も、どこがどう違うのか疑問に思っている方も少なくないはず。

この記事では、トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュ、マーベロン、ファボワールそれぞれの違い、特徴などを解説していきます。

mederi Pillでは体調やお悩みに応じて最適なピルを医師より処方いたします。

 

低用量ピルの種類

<第二世代>

レボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、不正出血が起こりにくく安定した周期を作りやすいことが特徴です。

 

○トリキュラー:第二世代にあたる低用量ピル。

アンジュと同じお薬の成分になります。アンジュと同じく、自然に近い形で月経周期を作ることができ、不正出血が起こりにくいです。

 

○アンジュ:第二世代にあたる低用量ピル。

徐々にホルモン量が増加していくため自然に近い形で月経周期を作るのが特徴です。子宮内膜も安定しやすいため不正出血を起こしにくいことが分かっています。

 

○ラベルフィール:トリキュラー、アンジュの後発品(ジェネリック)にあたるお薬です。

 

<第三世代>
デソゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、男性ホルモンを抑えられるため、ニキビ治療や多毛症の改善に期待が持てることが特徴です。

 

○マーベロン:第三世代にあたる低用量ピル。

避妊効果はもちろんのこと、含まれる黄体ホルモンには男性ホルモンの作用を抑える働きがあるため、ニキビや多毛の改善にも効果が期待できる低用量ピルです。

 

○ファボワール:マーベロンの後発品(ジェネリック)にあたるお薬です。マーベロンと同じお薬の成分になります。マーベロンと同じく、男性ホルモンの働きを抑制することから、肌の余分な皮脂の分泌を抑えニキビを改善する効果が期待できます。

メデリピル トップページへ

お問い合わせ

Contact

お問い合わせする

Top>ピルについて学ぶ>低用量ピルの種類
それぞれどう違うの?